« ホリエモン批判批判 | Main | ほしのこえ »

February 25, 2005

サトラレ 8巻

 とりあえず第一部完とのこと。充電期間に入るようです。
 ★4つですけど、★5つにするかどうか迷うくらい好きですね。シリーズ全体を通してかなりレベルが高い漫画だと思ってます。
 まず「サトラレ」という存在のアイデアが面白い。更にそのサトラレに課せられたリスクと能力、それをとりまく人々(サトラレ対策委員会)、というシチュエーションの構築が素晴らしい。そして何より、その状況や枷を利用した個々のストーリーが秀逸だという事です。単行本のあとがき等に、苦労話などが入ってたりしますが、苦労が報われていると思います。絵も洗練されている訳じゃないけど十分に魅力的で、秀逸なストーリーにマッチしてるような気がします(だんだんその様に思えて来てしまう…)。
 さて8巻。
 サトラレの伝達能力をフルに引き出した、新たな能力が出てきました。世代間の「能力」の伝達が出来るってのはものすごい事ですよ。それがどこまでのものかはまだ描かれてませんが、これはある意味での「永遠の命」とも言えるんじゃないか。自分の命が無くならんとする時(死ななくても出来る?)、次世代に自分の想いや能力を引き継いで行けるというのですよ。数多の学者や研究者、技術者達の垂涎の能力と言えるのではないでしょうか。それ以前に人として究極の願いの一形態だと思います。これが職人のテクニックのようなもの(例えば絵を描く能力とか)まで伝わるかどうかはまだ描かれてませんが、可能性は無限、と言えるかもしれません。
 このような能力、都合良すぎですが、それをご都合主義に感じさせない自然さがあるのがこの漫画のすごいところです(と思うのは私だけかなぁ)。

|

« ホリエモン批判批判 | Main | ほしのこえ »

「アニメ・コミック」カテゴリの記事

Comments

映画から入った人です。
コミックスも気に入って買い続けています。

映画。八千草薫さんがとても綺麗でした。

Posted by: MOON | February 25, 2005 at 05:13 PM

 実は私、映画観てません。観たいのですがタイミングを逸してしまっております。レンタルビデオ屋にもここ暫く行ってないのですよねぇ…。近いうちに借りに行こうかな。

Posted by: 竜馬 | February 26, 2005 at 06:32 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79574/3069623

Listed below are links to weblogs that reference サトラレ 8巻:

« ホリエモン批判批判 | Main | ほしのこえ »