« MOONLIGHT MILE | Main | 横山光輝版「徳川家康」 »

February 16, 2005

段差カレイ・アイナメ(OWNER)

 私はカレイの投げ釣りが大好きですが、あまり自作仕掛けを使いません。作るのがめんどくさいのが最大の理由ですが(^_^;)、作る時間が無いのも大きな理由です。まぁ時間なんてのは作るものですが、私にとっては後回しになっています(たまに作るけど)。
 で、そうすると既製品を買うわけですが、よく買っている仕掛けの一つがオーナーばりの「段差カレイ・アイナメ」です。
 一時期、SASAMEの仕掛けに走ったりしましたけど、最近また買うようになりました。この仕掛け、絡みにくい仕掛けです。釣りにおいて仕掛けが絡まないというのは、まず第一条件とも言うべき大事な要素です(腕が第一って話なんでしょうけれども)。次に段差針という要素。これは正直、好みの問題かと思っているのですが、エサを大きく見せるそうです(といろんな本に書いてあります(笑))。一時期はやりはじめ、それに乗っかったってことかな。単に私が段差仕掛け好きなだけなのかもしれませんが、妙に段差針ばかりに釣れる日があったりするのも事実です。ただし、それと同じくらい途中の枝針ばかりにかかる日もあるのですが。
 近所の釣具屋ではこの仕掛けを売ってはいるのですが、あまり大きな号数の針を置いていません。11号とか、12号あたりまで。一番大きなものは15号なのですが、これを購入するためにお店に別注しています。15号の針でも、20センチのカレイが掛かったりします。40センチのカレイが欲しいのですけれども。
 この仕掛けの売り文句、「段差鈎で小エサ2つが1つに見え、魚の食い気を誘う」とか、「先鈎エサ2倍で3倍釣れる」とか書いてます。信じてます。ええ信じてますとも!だからボウズ脱出させてくらはい…。

|

« MOONLIGHT MILE | Main | 横山光輝版「徳川家康」 »

「釣り」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 段差カレイ・アイナメ(OWNER):

« MOONLIGHT MILE | Main | 横山光輝版「徳川家康」 »