« コミック本万引き訴訟、OLが防犯費支払い書店と和解 | Main | サトラレ 8巻 »

February 24, 2005

ホリエモン批判批判

 経済ってほどのカテゴリじゃないけど。
 「お金でなんでも解決しようとしている(のがよくない)」って何なんだろう。一体、何を言っているのか理解できない。株式市場で、決められたルールの範囲内でやった事だぞ?金で解決しようとするな、なんて言うな。株式市場がカネ以外の何で動くってんだ?
 どうもこう、普段はカネにモノを言わせている側が、うっかり噛み付かれた途端に醜態をさらけ出しているという風に見える。そしてそれを理解したくない人々が、出る釘をカンカン打っているように見える。その包囲網が政治家だったり、有名企業のエライ人だったりするのが鼻につく。そもそも、彼らだってアメリカチックに経済を変えてきた人々ではないか。それがこういう状況になると、やれ日本的な感情論を持ち出して騒いでいる。
 ホリエモンは、時間外取引というケレンミのある、アクの強い方法を使った結果、各方面から批判を招いている。しかし絶対的経済力、政治力において、ホリエモンが一番強いなんて事はありえない。株式というルールを利用して、最大限がんばっている姿だと思う。
 しかし…この裁判、ホリエモンが勝ったとしても、ここまで包囲網に囲まれてしまうと、買収はうまく行かないのではないか。一気に決定的な状況までもって行けなかったことが、敗因になりそうな気がする。まだ決まった訳ではないけれど…。

|

« コミック本万引き訴訟、OLが防犯費支払い書店と和解 | Main | サトラレ 8巻 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ホリエモン批判批判:

» 「電波は公共のもの」と言う神話 [横浜よろず研究所]
フジテレビを見ないで2週間が経過しましたが、心身ともになんともありません、というか調子いいです。フジテレビを見ないで10歳若返る、なんて、あるわけない。 フジテ [Read More]

Tracked on February 25, 2005 02:40 PM

« コミック本万引き訴訟、OLが防犯費支払い書店と和解 | Main | サトラレ 8巻 »