« 送別会 | Main | 銀河高原ビール »

March 18, 2005

ぼくらの 2巻

 発売当初、何気に買い損なっていたら自分の行動範囲の本屋になかなか売っていなかった。先日、ようやく売っている本屋にめぐりあい、1,2巻を連続して読んだ。うーん、ちょっと微妙…。
 誰が見てもエヴァンゲリオンの鬼頭版と受け取れるのですが、まぁそういうシチュエーション的近似はこの際置くとして、ストーリーの膨らみが乏しすぎやしないか。この状況に巻き込まれた子供達が戦い、そして勝利しながら一人一人死んでいく。それが繰り返されるだけでは物語に進展が無いと思うんだがなぁ。子供達一人一人の描き方をもっと深く描いて欲しいところです。
 子供(達)が主人公で、ちょっとロリで、不条理な世界で、死と隣り合わせ。鬼頭的な感じではあるのでファンにはいいかもしれませんが…。

|

« 送別会 | Main | 銀河高原ビール »

「アニメ・コミック」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ぼくらの 2巻:

« 送別会 | Main | 銀河高原ビール »