« 風速10m | Main | 彼岸島 10巻 »

March 07, 2005

鉄腕バーディー 8巻

 なんでバーディーはもっとシャキっとせんのかね。カペラの「君は何度後手に回ったか、自覚してるのか?」ってのは至極もっともな発言のように見える。また、つとむも同じ事が言える。自分の生活を守りたいという気持ちが正当なものとは言え、この際もう一歩協力体制を敷いたほうが結果的に事件解決が早まり、落ち着いた生活を早く取り戻せるのではないか?また、二人とも異様に口が軽い。現地民(地球人)とあんなに接触していいのかよバーディー!結果的に仕方が無いようでもあるが、自らの行動を制限するものではないのかなぁ…。と、ここまではゆうきまさみが読者にそう思わせる様に仕向けた状況でしかないのだが。
 しかしこう、「ビースト」が廃棄物13号っぽくなってきましたな!ゆうきまさみが活き活きと描いてる感じで全体には好感が持てます。が、ここまで内外に敵ばかり作り、押されっぱなしの状況だと、そろそろ厳しいのではないかと思えてきた。もうすこしイベント単位でバーディーが解決する(相手の行動を抑える)場面もあってもいいのではないかと。一進一退がないと盛り上がりに欠けるだけでなく、バーディーの能力が欠けていれば今後の事件解決能力に説得力も無くなってしまうのではないか…。今後の展開次第なんだろうけど(風呂敷の広げすぎはもうヤだよ)。
 侵食#19の最後、バーディーは自衛隊の前からどう消えたのかな。銃口が思いっきり向けられているにもかかわらず次の回は何事も無かったかのように別の話になっている。マイナス★1つ…。

|

« 風速10m | Main | 彼岸島 10巻 »

「アニメ・コミック」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 鉄腕バーディー 8巻:

« 風速10m | Main | 彼岸島 10巻 »