« 野島防波堤カレイリベンジ達成だっ! | Main | 規則正しい生活? »

March 15, 2005

釣りキチ三平 平成版 6巻

 6巻は平成版シリーズの中で一番面白い。前巻の5巻がかなーりつまらなかったので一喜一憂である。
 岩魚は釣りキチ三平の中で最もメジャーな対象魚と言えるだろう。幻の岩魚、巨大な岩魚を狙う、という内容は過去の作中にも多く登場する。今回の話はその王道を行っている。
 場所が日本ではなくカムチャッカ半島であるため、かつて日本人の目に触れなかった幻の大岩魚に対する期待感が膨らむ。その期待感を煽る描き方が、かつての「釣りキチ三平」を彷彿とさせるものになって来た。矢口高雄、ノってきたな!という印象だ。5巻まではなんとなく需要(出版社)に押されて描いていただけだったような印象だったが、三平たちキャラクターはもちろん、ストーリーのノリが違ってきた感がある。
 イワナを求めて川を遡っていく。イワナを釣る、そして遡る、これを繰り返し、やがてイワナ止めの滝にぶち当たる。沢の征服感、というのもあるだろうが、ひとつの冒険を成し遂げた達成感でもあるだろう。そして「釣りキチ三平」の場合はそれで終わらない。やがて何かが起きる。それはイワナのヌシがいる淵に出会ったり、或いは特殊な自然現象であったりする。
 今度はどんなイワナが待っているのか。どんな景色に巡り会えるのか。次巻が楽しみだ。

|

« 野島防波堤カレイリベンジ達成だっ! | Main | 規則正しい生活? »

「アニメ・コミック」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 釣りキチ三平 平成版 6巻:

« 野島防波堤カレイリベンジ達成だっ! | Main | 規則正しい生活? »