« 村本海事渡船料金値上げ | Main | 風速12m »

March 11, 2005

ドカベン スーパースターズ編 6巻

 スーパースターズ編が始まって少し面白くなってきたが、とかくプロ野球編はつまらない。何より野球の試合そのものを描かなくなってしまったのが決定的だと思う。
 もともと、ドカベンは一試合終わるのに何ヶ月かかってんだよっ!てな感じで、細かい試合展開とその奇想天外の内容が実に面白かった。次にどんなタマを投げるのか、山田は打てるのか、豪打岩木火山は爆発するのか、秘打は出るのか…。そして不知火と山田の対決の一球一球に一喜一憂したものだ。
 ところが。
 プロ野球編に入って、野球そのものを描いてるシーンって極端に、それこそ本当に極端に減ってしまった。シリーズでどこの球団が勝つのか?山田たちの貢献度は?といった球団の状況や流れを追った話になり、試合展開そのものには全く重点が置かれていない。試合のある局面のワンシーンだけを描き、そこで山田が打つも打たないも単に成績上の記録の様なもので、次の一球の期待感は薄い。ハラハラドキドキはしないのだ。
 まぁ現実のプロ野球の人間を出している以上そうはいかないのかもしれないけど…「ドカベン」はこれでいいのかよっ!?(勝手に夢を見て期待するファンってのはダメですか?)
 ただ、最初にも書いたけどスーパースターズ編が始まってまだマシになってきた感はある。イロモノキャラが増えてきた。イロモノって書くといけない事のように聞こえるけど、変幻自在のキャラクターと試合展開がドカベンの醍醐味だと思ってるので、どんどん引っ掻き回してほしいものです。

|

« 村本海事渡船料金値上げ | Main | 風速12m »

「アニメ・コミック」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79574/3255252

Listed below are links to weblogs that reference ドカベン スーパースターズ編 6巻:

« 村本海事渡船料金値上げ | Main | 風速12m »