« 地震大いに見ゆ | Main | 新吼えろペン 1巻 »

March 23, 2005

capeta 7巻

 車とかバイクとか、レースというジャンルの漫画でたまにあるのが、物理的不利を根性で補い、かつ覆そうというもの。「バリバリ伝説」なんかそうだったなぁ。「F」なんかは逆にそういう感じじゃなかった。
 レース根性モノとも言うべきこのジャンル。果たして現実的なんだろうか?という疑問符がある。物理的不利を根性や精神論でなんとかしてしまおうという発想がかなり日本人的、という気がしなくも無い。だがしかし、なぜこんなに手に汗握ってしまうのだろうか。今、予選が終わり決勝が始まろうとするこの7巻は、現実を思い知らされ少しテンションが落ちた状態(なので★3つ)。しかしこの後、雨が降る。何かが起こる。そんな期待感に溢れている。正直、雨が降ると不利なチームにドラマが生まれる…ってのは使い古されたテではあるのだけれど、この先のカペタの追い上げを見たくて仕方が無い。

|

« 地震大いに見ゆ | Main | 新吼えろペン 1巻 »

「アニメ・コミック」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference capeta 7巻:

« 地震大いに見ゆ | Main | 新吼えろペン 1巻 »