« ジパング 18巻 | Main | セラフィック・フェザー 9巻 »

March 26, 2005

泣ける話

 今度のスターウォーズは、タイタニックより泣ける話だそうだ。
 何度繰り返し見ても、また思い出しても泣ける話ってあるだろうか?私にはある。それは「北の国から」。その中のワンシーンである。「泣ける度」では圧倒的である。
 「北の国から」最初のTVシリーズ23話。泣ける。好きな人は「ああ」と頷いてくれるに違いない。…それはこんなシーンだ。

 主人公、純と妹の蛍は東京に来ている。父五郎と離婚した母令子の葬式に出席するためだ。葬式の前日、令子の再婚(予定)相手だった吉野に、二人は靴を買って貰う。今までの靴はボロボロだったので、お店で捨てる事になってしまった。それは以前五郎が二人に買った靴で、北海道での苦楽を共にした靴だった。
 葬式の翌日、二人は捨てられた靴が気になり、夜になってから例の靴屋に向かう。店は既にシャッターが閉まっていた。あきらめて帰ろうとするが、店の前にゴミの山を見つける二人。そこで靴を探し始めると、やがてそこにおまわりさんが現れる。以下セリフの流れ(だいたいの概略)。

 「何してんだお前ら」(詰問口調)
 「運動靴探してます」
 「誰の」
 「僕らの」
 「どういうこと」
 「おじさんに新しい靴を買って貰った時、前に履いてた靴を捨てろって言われて」
 「おじさんは捨てろって言ったんだろ」
 「おじさんは事情をよく知らず」
 「おじさんって誰だ」
 「お母さんといっしょになるはずだった人です」
 「お母さんはどこにおる」
 「四日前死にました」
 警官はここでハっとする。
 「このゴミの中にあるのか?」
 と言いながら探しはじめる警官。
 「あっちにもあったぞ。俺はこっちを探すから。お前らそこ探せ…探せって!」
 急に、涙が突き上げた…拝啓、けいこちゃん。なぜだかわかりません。

 …書きながら泣けてくる。著作権がらみで怒られるかな。
 これを「でぶや」に出ていた原口あきまさの「黒板五郎」のモノマネで思い出してしまう私ってどうよ(^_^;)。

|

« ジパング 18巻 | Main | セラフィック・フェザー 9巻 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 泣ける話:

« ジパング 18巻 | Main | セラフィック・フェザー 9巻 »