« 龍王 | Main | 反対意見は9万5000件 オオクチバス規制めぐり »

April 05, 2005

鉄子の旅 3巻

 相変わらずの珍道中である。そしてオモロイ漫画である。
 鉄道好きご用達の路線、駅、乗車方法が盛りだくさんなのだが、この漫画はいわゆる"鉄っちゃん"のためだけの漫画ではない。普通の人(?)が見ても十分に面白い作品だ。
 ものすごく濃い"鉄"人が、そんなに鉄道に興味が無い作者を連れまわして旅をしているのだが、二人のギャップがこの漫画のキモである。旅の案内人の横見浩彦氏は日本国内全駅の乗下車を達成したほどの達人らしい。そんな人が鉄道シロートの作者を連れて全国の面白い駅を案内しているのだが、二人の会話のギャップやお互いの視線の違いに思わず頷いてしまう。
 片や、「周りもいいけど、駅がいいの」という"鉄"。
 片や、「もう飽きた」という作者。
 横見氏は一生懸命に鉄道と駅の素晴らしさを語るのだが、作者はどこに行っても似たような景色に見え、よほど特徴的な景色で無い限り無感動である。いや、無感動を装っている。横見氏の言う素晴らしさは理解しているのだが、どこか一緒に見られたくないというか、染まりたくないと思っているのではないか(失礼)。一歩引いて、冷めて見ようと努めている雰囲気がある。しかし横見氏の言わんとすることが読むこちらに伝わってくるということは、作者もその"良さ"を感じ取れている証拠であるはずだ。駅の"良さ"を感じる自分を否定しようとしているが、そんなの素直じゃないぞ(笑)。

 素朴な駅が、そこにある。ひなびた雰囲気、古臭さ、景色との融合に侘びを感じる。田舎駅であればあるほど周りに人は見えず、孤独感がある。だが、目の前の2本のレールは近くの街につながり、都市につながり、そして東京にも、北海道にも、鹿児島にも続いているのだ。そう考えると孤独感は失せ、鉄道の偉大さを感じる。やがてレールに振動音が響き、列車の到着を知る…。そんな雰囲気、結構良いと思いませんか?この本は、そんな感動を知る(人々を見る)ことが出来る漫画です。

|

« 龍王 | Main | 反対意見は9万5000件 オオクチバス規制めぐり »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 鉄子の旅 3巻:

» 鉄子の旅 [☆Happy diary☆]
3冊並べるとすごい迫力だな、このマンガ。 友人の勧めで、初オトナ買い(=一気に全巻買う)したこのマンガ。 (といっても3冊だけど…) 表紙から想像出来るとおり、どっぷり鉄道でした。 一般的な方からすれば、鉄道が好きな人の部類に入る私。 さすがにほとんど分かりませんでした。。。 でも、グリーン回数券と、土日切符はいい情報を得た! 今度利用しようと思います。 横見氏HP⇒http://yokotetu.z1.bbzone.net... [Read More]

Tracked on May 03, 2005 10:53 PM

« 龍王 | Main | 反対意見は9万5000件 オオクチバス規制めぐり »