« 焼酎デビュー | Main | ろじっくぱらだいす »

April 18, 2005

「更生する自信ない」 「死刑望む」と小林被告

 拷問って出来ないのかね。

****
 奈良市の女児誘拐殺害事件の初公判は18日午後も引き続き奈良地裁で開かれ、検察側は小林薫被告(36)が「反省の気持ちも更生する自信もない。早く死刑判決を受け、第二の宮崎勤(被告、1、2審で死刑判決を受け上告中)か宅間守(元死刑囚)として世間に名を残したい」などと述べた供述調書を朗読した。
 小林被告は「後悔してないし、望んだことができて満足している。(女児の)親の気持ちなどどうでもよかった」「自分は死刑に値する」とも供述しているという。
****

 腹が立つ。も、腹が立つ。
 死刑が犯罪抑制にならないってどういう事なんだろう。勝手に自暴自棄になる分にはかまやしないけど、子供を持つ身だとこんな話は捨てがたい。
 自分だったら相手を殺す!という意見があった。その気持ちは同意するものだが、それで果たして被害にあった事の気持ちが晴れよう筈がない。殺しても飽き足りないってやつだ。そうするとこれはもう、拷問しかない。残酷に拷問でなぶり殺すしかない。不穏な発言ですかね。…ですよね。しかしこう度々、死にたいので人を巻き込むだの、死刑になってもいいから何でもやってやるってヤツが出てくる事態はなんとかならんものか。
 まぁ拷問制度(?)や、死刑制度は法治国家としてある意味負けている部分があると思うし、そういう事態にならない他の方策こそ大事だとは思うけれどね…。

|

« 焼酎デビュー | Main | ろじっくぱらだいす »

ニュース」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「更生する自信ない」 「死刑望む」と小林被告:

» 奈良の女児誘拐殺害事件の初公判 [outlandos d'amour]
更生する自信ない 死刑望むと被告  女児誘拐殺害事件の初公判が開かれ、検察側は被告が、「反省の気持ちも更生する自信もない。早く死刑判決を受け、第二の宮崎勤(被告、1、2審で死刑判決を受け上告中)か宅間守(元死刑囚)として世間に名を残したい」、「後悔して...... [Read More]

Tracked on April 18, 2005 08:16 PM

» 奈良幼女誘拐殺人事件…犯人の知能を推し測る [ghost in the machine]
 犯人と面識がある訳ぢゃないけど、その言動から推測しますに…、この犯人を語る場合、知能面での問題は避けて通れないだろう。一連の行動に幼稚さを感じた人も少なくないと思う。恐らく、知能のレベルは、トータルで境界域(IQ=70〜80)。知能のバランスが、著しく悪いか... [Read More]

Tracked on April 18, 2005 08:19 PM

» 実は死刑反対論者です [HyPeR Labo. Blog]
 たまにはカタイネタを。しかも集中砲火くらいそうな(どきどき)  誤解ないように [Read More]

Tracked on April 19, 2005 02:05 AM

« 焼酎デビュー | Main | ろじっくぱらだいす »