« タイヤは命を乗せている | Main | メンテナンス時間は厳守しよう »

April 07, 2005

戦艦大和の最後

 ちょうど今から60年前の今日のこと。戦艦大和が沈んだ。昭和20年4月7日14時22分の事で、3000名以上の人々が艦と共に海に消えてしまった。
 先日、この「戦艦大和の最後」を本屋で何気なく見つけ、表紙の爆撃を受ける大和の写真を見て興味を持ち、購入した。並みいる数十冊の未読本を何気なくすっ飛ばして読み始め、読み終わったのが昨日の事。本の中で偶然、沈んだ日が近い事を知った(宇宙戦艦ヤマトその他で目にしていたはずだけど)。ひょっとしたら本の発売をこれに合わせたのかもしれないけど、まぁ偶然だなぁ、と思ったわけで。
 物語は、大和乗組員であった作者の体験記として綴られている。作者は右舷側五番高角砲塔に配属されていたそうだ。マリアナ沖海戦、レイテ沖海戦を経て沖縄特攻にも参加している。当然、大和が沈む際も現場に居た。九死に一生を得た時の事も描かれている。
 また、沖縄特攻時(沈没直前)の大和の航空写真がいくつか掲載されており、戦闘中の五番高角砲塔も確認できる。そこに作者が居たのだ、と考えると戦慄を覚える。
 3332名もの乗組員のうちの一人の視点であり、それも全体が見渡せるような視点ではないので、戦闘中の状況が客観的な視点としては見えない。しかし、砲塔内での戦争はとても身近に感じる。一市民(村民)が、一兵士となり、戦争に参加するということはどういうことなのか、現場はどうだったのかがありありと描かれている。

 私の祖父は、母方は母が子供の頃に既に亡く、父方は私が4歳の時に亡くなった。"おじいちゃん"というものに、あまり触れていない。そしていわゆる"戦争"の話も、テレビや学校で見聞きするものしかなかった。この本は、祖父が戦争という昔話を語っている様に感じた。

 改めて、大和乗組員はじめ、戦没者の方々の霊に追悼の意と、敬意を表したいと思います。

|

« タイヤは命を乗せている | Main | メンテナンス時間は厳守しよう »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 戦艦大和の最後:

« タイヤは命を乗せている | Main | メンテナンス時間は厳守しよう »