« <花粉大量飛散>回避の沖縄ツアー人気 | Main | 電車男 1巻 »

April 10, 2005

アイナメ釣りは楽しいやね

 9日は野島防波堤へ釣行。花見ガレイの時期真っ盛り。シーズンど真ん中。肉厚のカレイが俺を待ってるゼ。
 防波堤に渡堤後すぐに仕掛けを投入。実績のあるポイントだし、今夜はダイエット無視で食べてやるぞ…などと思いながらブラクリを手にする。野島防波堤はアイナメの宝庫なのである。カレイを待つ間にブラーでそこらへんを探ってやるのだ。
 ブラーにイワイソメを着け、第一投。大潮でかなり潮流が早く、道糸はあっという間に流されていく。着底後に2、3度煽っているとアタリが来た。少し糸を送り込んで合わせるとズシっと乗った感じ。3mほどの磯竿が大きくしなり、心臓が高鳴る。潮流に逆らう事もあってかなり重く、ゆっくりとした巻き上げ。こんなにすぐにかかると思っていなかったのでタモを用意していなかったが、すぐそばで釣っていたヘチ師に掬い上げていただいた。丸々太った40cmのアイナメであった。今日は幸先がいいぞ!
 …と思いながら早夕方。カレイのアタリは一向に無し(がびーん)。まったりとした一日に幕が下りようとしていた矢先、投げ竿の一本が大きく引き込まれそうなアタリを発した。ガクガクと海に引きずりこまれそうだ。慌てて竿を手に持ち、巻き上げ開始。カレイのアタリじゃなかったなぁ…スズキか、サメかもしれないな…と思いながらジワジワ巻き上げる。引き込む力はかなり強く、ハリス切れを心配するほど。
 魚は一度浮上しかかったが、海面を蹴って再び海中へ。大きな水しぶきが上がる。うーんよく見えなかった。平べったくなかったことだけはわかったが、まだ何かわからない。もう一度ゆっくり引き上げると、海面下に大きな茶色の物体が泳いでいる。それは巨大なアイナメだった。タモ入れも無事に終了。引き上げるとその大きさに圧倒された。全長よりもその太さにビックリである。一升瓶クラスというのはこういうのを言うのか。45cmあり自己記録だったが、今までの記録44cmのアイナメより倍は大きいように見えた。
 今日はアイナメデー。いや、いい一日だった。

 …花見ガレイはどうしたのかって?今日はアイナメデーなんだったら!

|

« <花粉大量飛散>回避の沖縄ツアー人気 | Main | 電車男 1巻 »

釣り」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference アイナメ釣りは楽しいやね:

« <花粉大量飛散>回避の沖縄ツアー人気 | Main | 電車男 1巻 »