« 電車男 1巻 | Main | Death note 6巻 »

April 12, 2005

ボウリングって楽しいなぁ

 ボウリングをやるとき、みんなは素直にボウリングだけを楽しみますか?ちょっとスリリングなコトを行ったりしませんか?先日、とある友人とボウリングを数ヶ月ぶりに行ったのですが、以下のルールは結構燃えました。友人が考えた(らしい)ルールですが、これがなかなか面白い。
 まず、参加全員が100ゴールド10枚、計1000ゴールドを用意します。参加者は1フレーム毎に100ゴールドをBETし、プールします。そのフレームで一番得点の高かった人がプールされている合計ゴールドを総取りするのです。
 この時、点数の強さはストライクが一番強く、「ストライク>スペア>9、8…ガーター」の順番となります。ストライクやスペアの際でも、次のフレームの得点は加算されません。つまり、ストライクを取った時点で10点とし、ただしスペアよりも強いだけという位置づけです。
 同一フレームで一番点数を多く取った者が2名以上いた場合はキャリーオーバーとし、次のフレームのプールに加算されていきます。そして次のフレームで一番得点の高かった者が総取りするのです。
 このルールの一番面白いところは、ボウリングのアベレージが一番高い人が決して有利とは言い切れないということです。ストライクが出ても、他の誰かがストライクを取るかもしれません。この場合はキャリーオーバーとなりますが、次はうまい人でもミスを犯し、9ピンしか残らないかもしれません。しかし、その時誰かがスペアを取ればキャリーオーバーした大きなゴールドを手にすることが出来るのです。
 よほど極端に上手い人が居るとバランスに欠くかもしれませんが、これが意外と勝ち負けがわからなくなってくるものです。人数は4人以上いる方が盛り上がります。あまりボーリングの得意でない人でも、70~170点くらい取る人が複数人集まると、勝負の行方はわからなくなります。
 まとめてみます。

  • 複数人数(5~6人ほどが適切)でボウリングを行う。
  • フレーム毎に勝負がつく。
  • 一人(1ゲームあたり)1000ゴールド用意する。
  • フレーム毎に、全員が100ゴールドをBETする。
  • 得点はストライク>スペア>9>8…0という順に強く、次のフレームの点数は関係ない。
  • フレーム毎に、一番得点の高かった者がプールされているゴールドを総取りする。
  • 一番得点が高かった者が複数いる場合、プールされたゴールドは次のフレームにキャリーオーバーされる。
  • キャリーオーバーされたゴールドは勝負がついた時点で勝利者が総取りする。
  • 10フレームで引き分けた場合、プールされているゴールドは全員に分配される(BETしたゴールドが手元に戻ってくる)。

 面白いですよ。一度お試しあれ。
 ちなみに「ゴールド」はあくまで「ゴールド」ってことで。

|

« 電車男 1巻 | Main | Death note 6巻 »

「ゲーム」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79574/3668296

Listed below are links to weblogs that reference ボウリングって楽しいなぁ:

« 電車男 1巻 | Main | Death note 6巻 »