« 焼酎の在庫 | Main | ジャンボ旅客機99の謎 »

May 27, 2005

9で割れ!! 3巻

 矢口高雄が、鮎デビューした経緯が描かれている。それは偶然釣り大会に参加することになり、そして運良く入賞するという話であった。さすが、釣りとは縁(運)のある人だ。
 鮎釣りは、とっつきにくい。
 友釣りの道具を揃えることはもちろん、特殊な釣りであるため、教えてもらえる師がほしいものだ。釣り方やポイントの選択方法も知りたいが、それ以前に「友釣りたる最初につける鮎はどうやって入手するんだろう?」とか、「そういう状態でアタリはどうやってとることになるんだろう?」などなど、謎が多い。
 矢口青年もいろんな謎を感じていた様だが、職場関係に鮎師がいたため教えてもらえた様である。人に歴史あり。矢口高雄も、そうやって教えてもらったんだなぁ、と思ってしまった。
 さて、漫画家としての矢口高雄。最初の投稿作品はボツだったようだ。最初からそんなにポンポンうまくいく人なんて滅多にいないだろうが、そのショックを乗り越えていく様は次巻に持ち越しとなった。
 矢口青年の"漫画家への想い"がだんだん募る情景を読んでいくと、いつのまにか自分にも、何か熱いものが心の中に蠢いている様な気がしてくる。俺だって…と。それは恐らく"勘違い"なのだが、女房子供付きでその"勘違い"を違わなくさせた実例がこの漫画を描いている。血圧があがりそうである(そんな歳じゃないけど)。

|

« 焼酎の在庫 | Main | ジャンボ旅客機99の謎 »

「アニメ・コミック」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 9で割れ!! 3巻:

« 焼酎の在庫 | Main | ジャンボ旅客機99の謎 »