« 福岡市など震度4 | Main | 我が名は海師 3巻 »

May 02, 2005

プルートウ 2巻

 不思議なSFです。浦沢直樹の得意とする不思議な空気、不気味な事件、謎めいた展開、事件に絡んでいく人々の想い等々。どこを見ても完全に浦沢直樹作品なんですよね(あたりまえか)。でも、アトムが出てきて、お茶の水博士が出てくる。出てくるキャラクターの名前を見て「ああ、そういえばこれ鉄腕アトムだったんだ」と思い出す今日この頃。
 戦争の光と影。アトムが光のあたる場所しか歩んでいないという嫉妬にも似た感想が出ていますが、アトム自身はそれをどう感じるのか。他人にそういう風に思われているということが理解でき、かつそれを冷静に受け止めているのか。それとも知らないフリをしているのか。重い人生を感じる事が出来るほどの高性能なロボットというのは、本人が望んだ訳では無いだろうに。
 イライラするほどの、浦沢調の謎の振りまき方や伏線の張り方。大いなるカルタシスを期待して読み進めるものでございます。

|

« 福岡市など震度4 | Main | 我が名は海師 3巻 »

「アニメ・コミック」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79574/3953631

Listed below are links to weblogs that reference プルートウ 2巻:

« 福岡市など震度4 | Main | 我が名は海師 3巻 »