« 日露戦争物語 16巻 | Main | ジオブリーダーズ 11巻 »

June 14, 2005

さよなら第二海堡

 先週末、本当は泊まりで行きたかった第二海堡。ところが台風の影響で風雨あり、土曜の夜からの釣行を断念し、日曜日のみの釣行とした。
 村本海事に到着する事AM4時半。ところが既に駐車場は満車であった。そのほとんどは夜露に濡れており、海堡の泊まりの人々の車であるのは間違いない。聞けば昨夜は20人以上が泊まったそうだ。結構風強かったんだけど。ましてやかなり雨も降っていたんだがなぁ。…常連氏達の根性には脱帽である。

 さて、朝の渡船でいよいよ海堡を目指すが、途中濃霧が発生。明るい濃霧で、光が乱反射しているなぁ、と思っていたら船が急にUターン。船尾に巨大な船橋の様なものがうっすら見え、汽笛が飛び交う。

 「ソナーに感!距離200に潜水艦ーッ!」

…てな感じ(アホか)。目の前に潜水艦が迫ってきていたのだった。あなおそろしや。結局危険という判断で朝7:00の船は出船を断念。船着場まで引き返すことになった。8:30の出船時(2番船)も霧は残っていたが、なんとか第二海堡まで到着。予定より1時間半も遅れての実釣開始となってしまった。

 投げ釣りでキスを狙うため、釣り場は通称「広場」に確保。最初からポツポツ当たるが、群も大きくないようで、ソコソコにしか釣れない。第二の対象魚である根魚も最初は30cmほどのクジメがかかってきたが、根がかりばかりで後が続かなかった。
 そんなこんなでお昼になってしまった。昼食を取っていると周囲に廃墟マニア(?)の人々が写真を撮っている姿がちらほら。釣り人でない客も最後の第二海堡に訪れていた。
 そんな中、レフ版を持った10名ほどの写真撮影隊が登場。おおぅ!モデル撮影会だ!もしかしてどきどきどきどき。…単なるモデル撮影会だった模様。ちぇっ。

 それにしても午後からアタリがさっぱりと止まってしまった。まぁ今日はダラダラ第二海堡に遊びに来たのが目的だってんで、昼食後は潮干狩りに変更と相成る。デッペのあたりで掘って掘って掘りまくったが、ほとんどが貝の死骸ばかり。同じように潮干狩りしている人々と会話するも、だれもほとんど取れていない模様だった。千葉方面でも貝が全滅、なんてニュースが流れていたが、第二海堡も例外ではなかったようだった。残念。

 夕方近くになり、風が出てきた。キスのアタリは遠のいたままほとんど釣れないので、根魚に集中するも、根ガカリばかり続く。一度だけ大きなアタリがあったがこれも潜られてしまった。先オモリの2,3本針はダメね。ブラクリで攻めるべきだった。

 やがて16時を回った。あちこちをデジカメで撮影しながら反対側の船着場まで移動する。船に乗り込み、船付きを離れる際にもあちこち撮影。今月はまだ少し時間があるものの、もうこれが最後かな、と思った。
 いつでも行ける、と思うとあまり行かなかった第二海堡。もう来れなくなると思うとやはり寂しい。さようなら、だ。

|

« 日露戦争物語 16巻 | Main | ジオブリーダーズ 11巻 »

「釣り」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference さよなら第二海堡:

» 半年 [Studio Swallowtail日記]
今年も早い物で半年経ちましたね。... [Read More]

Tracked on July 01, 2005 09:43 PM

« 日露戦争物語 16巻 | Main | ジオブリーダーズ 11巻 »