« しおんの王 2巻 | Main | 日露戦争物語 16巻 »

June 13, 2005

人斬り龍馬

 これは面白い!
 新撰組隊士が何者かに次々に暗殺されていく。下手人はわからない。隊士が暗殺されている事実を外部に漏らさないために、会津藩へは「粛清した」という言い訳を使う近藤勇。だが暗殺はその後も続き、その結果近藤は多くの隊士を「粛清」していくハメになっていった。
 やがて一人の男が捜査線に浮かび上がる。男の名は才谷梅太郎。北振一刀流の達人、坂本龍馬のことであった…。

 坂本龍馬が北振一刀流の達人であるにもかかわらず、あまり剣を抜かない人であったことはよく知られている話だ。寺田騒動の際には終始剣を抜かず、拳銃を発砲して窮地を切り抜けている。そのようなエピソードなどから、「龍馬は本当に剣の達人だったのか?」「北振一刀流の目録は本物なのだろうか?」という議論が絶えない。剣よりテッポウの方が効率的なのだ、という説明は正直納得がいき難かった。
 龍馬が暗殺という手段を自ら実行したかどうか、は無論怪しい。いかにも物語という感じではあるが、龍馬の暗殺剣という着目のもとに構成された物語は今までに無いリアリティを持っており、面白い作品に仕上がっている。
 話は変わるが、絵も素晴らしい。アミカケの濃淡といい、ベタの使い方といい、陰影鮮やかである。こういう絵大好き。
 石川雅之という作家を今まで知らなかったが、これは損失だったなぁ。今後追いかけて行きたい人だ。

|

« しおんの王 2巻 | Main | 日露戦争物語 16巻 »

「アニメ・コミック」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79574/4533069

Listed below are links to weblogs that reference 人斬り龍馬:

» 人斬り龍馬 [群青日和]
人斬り龍馬 「もやしもん」の石川雅之氏作。表題作「人斬り龍馬」の他、「二本松少年隊」、「とどかぬ刃」、「神の棲む山」の三作品をまとめた短編集。「もやしもん」程の衝撃力は無かったかな。 「人斬り龍馬」。人を斬る坂本龍馬に違和感を覚えつつも、伝記を都合良く描いたその内容に、それもアリかという思考は容易に目覚めた。石川雅之「人斬り龍馬」 龍馬暗殺異聞を読んで思わされたのが、龍馬の「剣の道に対する考え」はどうなっていたのかということ。江戸の千葉道場で剣を学び、北辰一刀流免許皆伝の目録を得たという... [Read More]

Tracked on February 03, 2006 at 12:59 AM

» 人斬り龍馬・二本木少年隊・他 [雑稿の部屋]
もやしもんの作者石川雅之の時代短編集。「人斬り龍馬」「二本松少年隊」 「とどかぬ刃」「神の棲む山」の4作品を収録。 タイトルの「人斬り龍馬」は、龍馬は本当に不殺の聖人だったのか?を新選組・近藤勇らの視点から追う。 今までの坂本龍馬イメージからはほど遠く、違和感ある人は嫌うでしょう。 でも今までのイメージで余りに固定されすぎている事も、ある意味怖いことです。 人斬り龍馬の一部が読めます 「二本松少年隊」は、明治維新で朝敵にされた二本松藩が舞台。 主兵力が分散し手薄になった城下に新政府軍がせまり駆... [Read More]

Tracked on February 03, 2006 at 10:09 AM

» 『人斬り龍馬』 [シチュー鍋の中の混沌]
人斬り龍馬 潔い、と言う読後感を得た。「人斬り龍馬」「二本松少年隊」「とどかぬ刃」「神の棲む山」の4つの短編は、ひとつひとつが長編小説を読むに等しい労力を使った。それだけ、圧縮率が高かった。 絵の緻密さが説得力を倍増させる。トーンを極力使わない線描写は、話のシリアスさに重厚感を加味。剣劇シーンで、ここまで『剣の重さ』を体感させる漫画家は、そういないかもしれない。 緻密さは絵だけでなく、話の作り込みにも及ぶ。『週刊石川雅之』でも感じたが、とにかく極めて丁寧なのだ。作者の視点は一貫してニュ... [Read More]

Tracked on February 03, 2006 at 11:31 PM

« しおんの王 2巻 | Main | 日露戦争物語 16巻 »