« 祝・W杯出場決定 | Main | <日本語の語彙力>私大生の19%「中学生並み」 »

June 09, 2005

海洋奇譚集

 正直、もう少し不思議な話を期待していたかな。
 海洋奇譚。洋上でおきる不思議な話。海には陸の上では推し量る事のできない、不思議な現象がある…という話をたまに耳にすることがある。常識では考えられない話。説明のつかない話…などを期待していた。
 だが、この本に記載されているものはそのほとんどが遭難話である。
 遭難者が、どんな偶然で生き残ったか。という感じのエピソードがいくつか語られている。確かに遭難者にしてみれば、命からがら生き残った事であり、それが洋上の偶然の出来事であったり、予想だにできない苦難を乗り越えての話であれば、「奇譚」と言いたいかもしれない。しかし読み進むと、奇譚というよりは単なる記録物であるような気がしてくる。それは漂流記と言うのにふさわしいのではないか…。
 ただ、面白い話も2つほどあった。
 遭難した2つの船が、洋上でバッタリ出会う話。船が破損し、操船不可能な状態に陥った人々と、乗組員が病気でバタバタと倒れてしまい、操船不可能になった船との、洋上での偶然の出会いの話である。二艘の船は海流の関係上、出会うはずがなかったそうであるが、なぜか互いを補う形で命拾いしている。
 また、水葬にした乗組員がいつまでも追ってくる、という話もあった。この2編などは奇譚というにふさわしく、面白かったかな。

|

« 祝・W杯出場決定 | Main | <日本語の語彙力>私大生の19%「中学生並み」 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 海洋奇譚集:

« 祝・W杯出場決定 | Main | <日本語の語彙力>私大生の19%「中学生並み」 »