« むつみ屋 | Main | 原爆60年 米テネシー州で記念行事 日本人との間に溝 »

June 19, 2005

くつ

 新しい靴を履いた。今までの靴はどこかに穴が開いてるらしく、雨が降るとてきめんに漏っていた。
 出勤時のこと。新しい靴は慣れるまで暫くかかるかな、と思いながら歩いていると、靴下がだんだん脱げてくるではないか。どんどん足の裏にくつ下がしわ寄せられていく。つま先はなんともないが、足の裏はくつ下で溢れている。このままではカカトが露出するのではないかと思い、立ち止まってくつ下を引き上げる。再び歩くと、またしわ寄せられていく。またまた立ち止まってくつ下を引き上げる。まぬけだ。
 どういう力学構造でこうなるのかね。くつ下と靴底の摩擦が一定方向にのみ作用するようだ。ウロコ状にでもなっているのかしら。
 暫く色々なくつ下で試してみるつもりだが、このまま靴が使えなかったら嫌だなぁ。
 街を歩く人の中に、時々立ち止まってくつ下を引き上げている人がいたら、それは私かもしれない(^_^;)。

|

« むつみ屋 | Main | 原爆60年 米テネシー州で記念行事 日本人との間に溝 »

「生活」カテゴリの記事

Comments

はじめまして。
私も、靴下が靴の中にまきこまれていく・・・という事あります。
私の場合は、靴下のゴムが、しょうしょうユルユルになってた時でしたが・・・・。
靴に問題があったかどーかは・・・ちょっと解りません。

Posted by: かおちゃん | June 19, 2005 11:30 AM

 靴の問題なのか、靴下の問題なのか。相性問題みたいです。さらに、歩くクセみたいなのもあるのかもしれません。
 大した話題ではないのですが、意外に困ったハナシですよね…。

Posted by: 竜馬 | June 19, 2005 08:07 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference くつ:

« むつみ屋 | Main | 原爆60年 米テネシー州で記念行事 日本人との間に溝 »