« 東電のキスは食い渋り | Main | 魯山人味道 »

July 11, 2005

傷害でサポーターを逮捕 灰皿のふた投げ3人けが

 被害者は友人でした。

****

 9日午後6時20分ごろ、東京都調布市の味の素スタジアムで、サッカーJリーグ1部(J1)のFC東京対東京ヴェルディ1969の試合前、両チームサポーターがにらみ合いとなり、FC東京のサポーターの男が、通路にあった灰皿のスチール製ふた(27センチ四方)を投げ付けた。

****

 「そんなことがあったのね」程度にしか思ってなかったのですが、番茶庭園を見て驚きました。彼は被害者も被害者。灰皿のふたの直撃を受けて、救護室で手当てを受けたようです。3人のけが人と報道されていますが、その一人だったなんて。
 怪我も軽く、とりあえず無事とのことで一安心ですが、それにしたってひどい話。灰皿のふたを見ると、ちょっと待てオイってな大きさと重量感ですよ。丸い灰皿を想像しましたがとんでもない。カドばってます。当たれば怪我をするに決まってる。しかも集団に向かって投げた訳だから、誰かに当たるに決まってる。当てるつもりで投げたんだろうし。

 それが友達に当たった。そしてけがをした。怒。このヤロウ。

 「何考えてたんだか」と言うけれど、頭に血がのぼって何も考えてなかったんだろう。それとも何か。怪我をさせるべくして、ハッキリ意識して投げつけたのか。想像力に欠けるとか、キレやすいとか言うけれど、そういう話なのだろうか。それとも乱闘騒ぎを起こして自分は集団に紛れるつもりだったのだろうか。前者であればアタマが足りない野郎だし、後者であれば汚い野郎だ。いずれにしても、この先しっかり前科モノとして生きていくがいいさ。

 正直、私にとって"サポーター"の印象は悪い方向に行きそうになった。ステレオタイプの様に言うつもりは無いけれど。
 しかし、味噌田ちゃんはこう書いている。

****
 そんなことでサッカー全体のイメージが悪くならないで欲しい。
 サポータは、ならず者の集団だと思われたくは無い。
 サッカーの試合は危険だから、行きたくない / 行かせたくない、とは思って欲しくは無い。
 試合には色んな人が来て、盛り上がって欲しい。

 サポータにもスポーツマンシップが求められるだろう。

 もうこんなことはこりごりだ。
****

 つめの垢を煎じて飲みやがれ>西山容疑者。

|

« 東電のキスは食い渋り | Main | 魯山人味道 »

ニュース」カテゴリの記事

Comments

色んな意味で激しく同意。

Posted by: CHAOS-DIVER | July 12, 2005 03:42 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 傷害でサポーターを逮捕 灰皿のふた投げ3人けが:

« 東電のキスは食い渋り | Main | 魯山人味道 »