« エンジェル・ハート 15巻 | Main | 傷害でサポーターを逮捕 灰皿のふた投げ3人けが »

July 11, 2005

東電のキスは食い渋り

 先日、カミさんの許可をもらって午前中だけ釣行。上州屋では「烏賊が爆釣ですよ!」などと店員が煽っていたが、時間的制約から一日船には乗れないのだ。
 どうしようかと思ったが、東電に行く事にした。渡船の丸精は出船が朝早く、昼はキッチリ12時上がりなので野島よりも一回り早く家に帰れる事になる。それに梅雨の季節、ホームグランドの東電防波堤ではものすごくキスが釣れる。数、型とも申し分なく、私は手にした事は無いが、尺ギスも目撃した事がある。私もここで28cmまであげたことがある。と言っても本来なら5月末から6月中ごろの話。7月では少し逸した感もあるのだが。
 という事で久しぶりに東電へ。なんと2月以来のご無沙汰。既にホームグランドと言っていいのか悪いのか。7月に入って今年2回目ってのもなぁ。釣行頻度低下とバリエーションが多彩になったのと、両方が原因かな。
 さて、やはり7月に入ってしまったためか、今回の釣果はさほどではなかった。キスの型は最大25cmとまぁまぁであったが数が伸びなかった。まぁ晩御飯のおかずには十分であったのだが。
 外道にカワハギが1枚お目見え。あと2ヶ月もすればまたキモが膨らみ出す。今更ながら、もう7月なんだと思ったり。

 丸精の大将のお孫さんのご尊顔を拝した。3ヶ月とのこと。プニプニのほっぺたがかわいい女の子であった。自分のウチでもたった1年前の事だというのに、3ヶ月頃の遼太郎の顔は思い浮かばず、今の顔しか思い浮かばない。やや不思議な感じがした。

|

« エンジェル・ハート 15巻 | Main | 傷害でサポーターを逮捕 灰皿のふた投げ3人けが »

「釣り」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 東電のキスは食い渋り:

« エンジェル・ハート 15巻 | Main | 傷害でサポーターを逮捕 灰皿のふた投げ3人けが »