« もう一度、逢いたい | Main | 蒼天の拳 13巻 »

August 06, 2005

ぼくらの 3巻

 本田千鶴は中学生。
 担任教師を愛し、身を捧げ、そして裏切られ、売られる。
 男を殺そうと思ったが自分のお腹の中に異変を感じた。子供ができていた。
 戦闘ロボット・ジアースのパイロットに指定されたとき、戦闘の勝敗に関わらず、自らの命を絶たれることがルール。千鶴の運命とは一体何なのか。不条理を一身に背負っても背負っても、法は解決してはくれない。
 ジアースを操る彼女に、命の大切さを訴える事は最早出来なくなっていた。どんな言葉も浮ついているのは、聞く側だけではない。
 でも、間違っている。そのことがわかって死ねるかどうかで、生きてきた意味がまるで違うことを彼女は理解できるだろうか…。

|

« もう一度、逢いたい | Main | 蒼天の拳 13巻 »

「アニメ・コミック」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79574/5331090

Listed below are links to weblogs that reference ぼくらの 3巻:

« もう一度、逢いたい | Main | 蒼天の拳 13巻 »