« <JAL系機>飛行中エンジンから出火、福岡空港に緊急着陸 | Main | 新吼えろペン 2巻 »

August 14, 2005

EVIL HEART 1巻

 主人公、正木梅夫は中学1年生。ふりかかる火の粉には容赦がない。

 もともと祖父、父、母、兄、姉、梅の6人家族だったが、祖父は海外での仕事が多く、家を留守にしていた。
 梅の父は暴力をふるう人だったらしい。梅が小学校に上がる前に母親と離婚。その後、歳の離れた兄、滋が家庭内で暴れ始める。母親が兄に殺されると感じた梅は滋を止めに入るが、力の差は歴然。怪我の絶える日はなかった。それは2年半も続き、ついに母は滋を刺してしまう。
 結果、母は刑務所へ。茂は家にほとんど寄り付かなくなり、姉、真知子との二人生活が始まっていた。梅は中学へ上がったが、自らへの不当な火の粉は容赦なく振り払う性格。目つきの鋭さから逆に火の粉を呼び寄せるようになっていた。学校内の不良生徒との軋轢は入学式から始まり、クラスメートには馴染めず、梅は孤独感を強めていく。
 ある日、滋が家に訪れる。金を無心に来たのだが、姉は鼻血を流していた。梅は滋に飛びかかるがひたすら殴られ、蹴られ、顔を腫らしていく。滋は母の出所が待ち遠しいと言う。「今度は弟が刺される前に あの女 殺る!」と言い残し、家を出て行くのだった。
 滋という脅威から家族を守るため、梅は力を欲していた。そんな梅の目の前に、合気道という武道が現れる。合気道は勝敗を争わない。絶対不敗とは争わない事だという。
 「友達も敵も自分がつくるんだよ」
 梅にはまだその意味がわからない。力が無ければ家族を守れないと思うのみだ。そんな合気道にイラつき、道着を投げ出す梅。しかしある事件をきっかけに、改めて合気道を始めようと決心するのだった…。

 これは今後かなり面白くなって行きそうな漫画です。期待大!

|

« <JAL系機>飛行中エンジンから出火、福岡空港に緊急着陸 | Main | 新吼えろペン 2巻 »

「アニメ・コミック」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79574/5455576

Listed below are links to weblogs that reference EVIL HEART 1巻:

» EVIL HEART [アキラの書評]
少年の心の変遷を描いた漫画。 複雑な家庭環境に育った正木梅夫、問題ばかり起こす彼... [Read More]

Tracked on January 06, 2006 at 02:26 PM

« <JAL系機>飛行中エンジンから出火、福岡空港に緊急着陸 | Main | 新吼えろペン 2巻 »