« ドカベン スーパースターズ編 8巻 | Main | ぼくらの 3巻 »

August 05, 2005

もう一度、逢いたい

 「スコーク77」という言葉が過去どの程度発せられたか、私には知りようがない。有名な一事例を知っているのみだ。「もう一度、逢いたい」はいくつかの短編が収録されているが、その中の「セイント・フライヤー」の中で「スコーク77」が語られたときにはその一事例を連想させられた。

 忘れられない日。8月12日。155便パイロットの八神は、レーダーが真っ白になった状態でこの音声を耳にする。伊豆上空の事だ。東京コントロールは出ない。
 原因はジャミング装置が暴走したF-14が民間航空機航路に紛れ込んできた事にあったが、八神には知りようも無い。しかも周囲の巨大な積乱雲に視界を奪われ、文字通り五里霧中の状況下、乗客を満載したボーイング747とF-14は急速にその距離を縮めつつあった。
 その時、155便のパイロットの八神の耳に、「スコーク77」の言葉が飛び込んできた。
 「やまいくぞ」
 操縦不能の機体を操る男達の姿が、八神の目にありありと見えてきた…。

 シチュエーションは、かなり惹きこまれる状況ではあるが、どこかで見たことがあるようなシチュエーションでもある。例えば「天空の城ラピュタ」での、竜の巣に飛びこんだパズーが見た父の姿にも似ている。手におえない嵐の中、自らを導くセイント・フライヤーと交錯するという状況は、ややモトネタを連想してしまう感がある。面白いけどね。

 他の作品を含め、"あと一歩"感が結構あったりします。微妙です。

|

« ドカベン スーパースターズ編 8巻 | Main | ぼくらの 3巻 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference もう一度、逢いたい:

« ドカベン スーパースターズ編 8巻 | Main | ぼくらの 3巻 »