« capeta 8巻 | Main | フラグメント »

August 11, 2005

「ひよ子」は立体商標=消費者が識別可能-特許庁、製菓老舗に軍配

 ひよこはっぴぴ ひよこ

****
 福岡市の老舗菓子メーカー「ひよ子」が販売するひよこ形の菓子に認められた立体商標登録をめぐり、同市の製菓会社「二鶴堂」が登録は不当として取り消しを求めた審判で、特許庁は改めてひよ子の立体商標登録を認める審決を行い、9日、両社に審決書が送達された。
****

 そんなことより、東京駅で「ひよ子」を売っている事の方がはるかに問題でしょう!
 東京の人が"東京銘菓"として福岡県民に「ひよ子」をお土産に持ってくる事の方がはるかに重大な問題だと思のですよ。(ええ個人的にですよ?)
 本当に福岡のお菓子って知らない人、多いのですよ。最近。
 東京は巨大な消費地であり、商売としては理解できなくも無いけど、何か魂を売ったかのようで許せん。

|

« capeta 8巻 | Main | フラグメント »

ニュース」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「ひよ子」は立体商標=消費者が識別可能-特許庁、製菓老舗に軍配:

« capeta 8巻 | Main | フラグメント »