« 開票速報の謎 | Main | 司馬遼太郎が考えたこと 2巻 »

September 13, 2005

金魚屋古書店 2巻

 マンガのコマ割りを窓と考え、切り取られた枠のその向こう側には世界が広がっている。
 その発想が自分のものか、どこかで読んでそう考えたのか、もはやわからない。誰もが考えた事のようにも思うし、子供の頃に読んだ話を自分が考えたかのように錯覚しているかのようにも感じる。
 マンガはコマの外を想像させる媒体で、その世界は果てしない。想像力の無い人はマンガを馬鹿にし、そしてその価値がわからない。このマンガはその価値を広める伝道師かもしれない。

|

« 開票速報の謎 | Main | 司馬遼太郎が考えたこと 2巻 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 金魚屋古書店 2巻:

« 開票速報の謎 | Main | 司馬遼太郎が考えたこと 2巻 »