« タッチ(完全版) 7~9巻 | Main | 小泉の選挙事務所 »

September 03, 2005

湾岸MIDNIGHT 32巻

 トルクとトラクション。というのが32巻のテーマかな。
 FRなのに4つのタイヤに力が伝わる感覚、というのは一体どういう感じだろう。ちょっと想像できないな。マコトのZ32にはその能力があるらしい。それはクルマの鍛え上げられた力と、バランスと、乗り手のウデによるものだろう。
 一方、F1タービンで重厚なトルクを手に入れたアキオ。今までのZと違う特性に戸惑うが、それでもZと少しずつ波長が合って来る。やがて来る勝負の時が待ち遠しく感じる。

 馬力が落ちてもトルクが上がったZ。どれくらいの数字が出ているのか知らないけど、恐ろしく燃費悪くなったんだろうなぁ…。チューニングにお金を懸ける、その際の生活感を語る話は出てくるけれど、「ガソリン代が生活を圧迫」というハナシはでてこないよなぁ。トルクが大きくなった分、アキオのZは間違いなく燃費がより一層悪くなったに違いない。マコトのZもそうだろうけどね…。

|

« タッチ(完全版) 7~9巻 | Main | 小泉の選挙事務所 »

「アニメ・コミック」カテゴリの記事

Comments

ガソリン代が生活を圧迫……実際どうなんだろうね。ウチはおそらくガス代で約3万円/月(会津若松〜横浜)。3千km/月を高速道路主体で運転するのでこんなもんだけど、仮に6.5km/Lのハイオク車でC1を毎日3周するとしたら、約45km÷6.5L/km≒6.9L/日消費し、それが毎日だから6.92L/日×30日×135円/Lとして約2.80万円/月。首都高速にアプローチする・エスケープすることを考えても、やっぱり3.5万円/月くらいなんじゃないかな。
これに首都高速料金700円/日×30日=2.1万円が加わると、確かにガクガクブルブルかも。

まぁマンガだし、真面目に検証してもしょうがないんだけどね(^_^;)。

Posted by: いぶき | September 05, 2005 at 02:39 AM

 まークルマにお金を何十万、何百万もかける事を考えたらガソリン代なんて大したことないかもしれないけどね…。
 でも、6.5Km/Lも走るかな?その半分も無理じゃないかと思ったり。マンガの中のシーンでは一晩でガソリンタンクをカラにする、なんてセリフもなかったっけ。そうすると1ヶ月で20万円以上はガソリン代ですぜ…。

Posted by: 竜馬 | September 05, 2005 at 09:09 AM

先々週に信州に行った際は一晩でカラになりました。
でも燃費は15km/L。<WiLL Vi 1300cc
毎月のガソリン代は¥20kくらい。
信州では飯田線には立ち寄らなかったけれど
なぜか先週は坪尻駅@土讃線に立ってました。
http://mixi.jp/view_album.pl?id=128450
これでうどん&坪尻ツアーのガイドもできまっせ(w。

Posted by: MOON | September 05, 2005 at 03:12 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79574/5766326

Listed below are links to weblogs that reference 湾岸MIDNIGHT 32巻:

« タッチ(完全版) 7~9巻 | Main | 小泉の選挙事務所 »