« 政治家の言葉づかい | Main | リタ商会 »

September 23, 2005

久里浜 ムツ六のマダイ

 三連休第二ラウンド。久里浜はムツ六のマダイに挑戦した。もともとはライトマダイの予定だったが、ここ最近はマダイ船の方が調子良さそうってんでライトから急遽ノーマルへ変更と相成った。
 左舷二番艫に陣取り、法螺貝鳴り響く中、われ先にと出陣と相成った(一部嘘)。
 最初は金田湾、津久井浜や長沢沖の24mダチを流す。このポイントの有望さを物語るように船団が形成されていた。久里浜東電のエントツを見ながら第一投、第二投、第三投、第四投、第五投、第六投、第七投、第八投…(以下二十投まで続く)。
 もうサッパリですよ。アジサバもアタりませんよ。どういうことですか。この船団はマボロシですか。赤壁の戦いの様にふんじばって燃やしてくれるぞコノ●●●。
 …。

 以降は寝不足を解消しながらマッタリしていたのですが、結局船中一度のアタリもなく移動。次はアシカ島を超え、浦賀、鴨居沖の40mダチを流す。
 早速の第一投。なんと我が竿に船中初アタリがっ!先日のカワハギの時の様な失敗は繰り返すまじ、と慎重に巻き上げる。ビシをカゴに入れ、ハリスを手繰っていく。やがて海中に白い影がっ。「マダイだっ」と叫んだのは隣人でしたのよ。船中注目の中、実はサバだったのにそんな事を私が言うわけないぢゃないか。…って事でサバでした。がっかり。
 以降、14:30の沖アガリまでおよそ4時間、我々は絶え間ないサバとの格闘に敗北したのだった…。その間、船は一度も立て返す事は無く、我々はサバと船長に怒りすら覚えながら最後にはヘトヘトになったのであった。
 …ハリス6m。片舷8人が竿を出し、サバの猛攻は果てしない。どのくらいすごいかってシカケが40mの海底に落ちるとヨロコビを覚えるほどのサバの魚影。その状況が一瞬も途切れる事の無い4時間、一度も船を立て返す事無くその場に立ち止まる事が船長の仕事だってのかええ~っ!(見得を切りながら)

 も~ぐったり。
 そんな中船中2枚のマダイが上がった事は特筆すべき事と言えよう。尊敬するね。

|

« 政治家の言葉づかい | Main | リタ商会 »

「釣り」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 久里浜 ムツ六のマダイ:

« 政治家の言葉づかい | Main | リタ商会 »