« 築地虎杖(いたどり) | Main | 液晶テレビ購入 »

October 10, 2005

沈まぬ太陽 3 御巣鷹山篇

 3巻しか読んでません(^_^;)。
 御巣鷹山の出来事を小説として描いた作品。吉岡忍の「墜落の夏 日航123便事故全記録」の方が、より詳細な記録の様な気がしますが、それはまぁ、見据えた角度も違うし。

 主人公は日本航空国民航空側の人間だが、物語は残された遺族が主軸となっている。残された遺族の悲しさ、虚しさがこれでもか、これでもかと描かれており、国民航空の"補償"のイヤらしさも、これまたひたすら執拗に描かれている。それほどの出来事だった。
 自分だっていつ、被害者になるか。いや、加害者の側にすら、いつのまにか回ってしまうかもしれない。残された人は、生きていく戦いの中にある。それが嫌な人は、世間を捨ててしまうしかないのかもしれない。
 ゾっとするその悲惨さ。読むべき一冊です。

 山崎豊子がこの話を週刊新潮に連載した当時、日本航空は同社の広告を一切打ち切ったんだそうな。ケツのアナの小さい話…。

|

« 築地虎杖(いたどり) | Main | 液晶テレビ購入 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 沈まぬ太陽 3 御巣鷹山篇:

« 築地虎杖(いたどり) | Main | 液晶テレビ購入 »