« 竹岡沖のカワハギはポツポツ | Main | D-LIVE!! 11巻 »

October 15, 2005

法の庭 4巻

 付き合っていたキャバクラ嬢にふられ、深夜彼女の部屋に忍び込み、放火の上殺害する男。その犯人とされた人物の公判が始まるが、彼は真犯人ではなかった。ところが状況証拠は彼を犯人へと追いやっていく。弁護を担当する事になった小泉は彼の無実を証明する事ができるのか…。

 ネタバレですが、まぁ冤罪を作ってしまっては弁護士漫画にならないので、一応合理的に無実の可能性を立証する訳ですがね。気になった事がひとつ。
 無実(の可能性)を立証したとき、検察が恨みがましい目を小泉に向けてるんですよね。これってどうなんでしょうね。冤罪を作ってもかまわない。自分が主張し始めたら、相手は犯人でなければならない、と主張してやまない感じがヒシヒシと伝わってくる、印象的な(検察官の)表情でした。間違いを正した(冤罪を生まなかった)相手に、感謝こそすれ、と思うのですが。
 冤罪が立証され、釈放された人が世に出ても、最初に担当した検察官は罪にならない。それがアタリマエというには、事は重大すぎると思う。

 原作の「田原成貴」ってあの、元ジョッキーの田原成貴だったのね。同姓同名かと思いましたよ。目を瞑ればマヤノトップガン騎乗の勇姿が目に浮かぶ…。
 ちょっと調べてみたんだけど、彼にもイロイロあったのね。

|

« 竹岡沖のカワハギはポツポツ | Main | D-LIVE!! 11巻 »

「アニメ・コミック」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79574/6405651

Listed below are links to weblogs that reference 法の庭 4巻:

« 竹岡沖のカワハギはポツポツ | Main | D-LIVE!! 11巻 »