« DEATH NOTE 8巻 | Main | 日本史の舞台裏 »

October 02, 2005

荒くれKNIGHT 高校爆走編 7巻

 大鳥はリンダの木原とマブダチだった。が、リンダには入らず、コブラというチームを張っていた。
 この気持ち、わかる気がする。負け惜しみじゃなく、独立独歩で、自分の足で歩くという事。そんな気分になることが、稀にある。

|

« DEATH NOTE 8巻 | Main | 日本史の舞台裏 »

「アニメ・コミック」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 荒くれKNIGHT 高校爆走編 7巻:

« DEATH NOTE 8巻 | Main | 日本史の舞台裏 »