« のっこみカレイ順調 | Main | 4常任理合計より高負担、許されるか…日本が改正要求 »

October 18, 2005

靖国参拝 ポケットからさい銭…簡素に 小泉首相

 支持。

****
 ポケットからさい銭を出し、手を合わせる小泉純一郎首相。首相として5度目、福岡地裁、大阪高裁の違憲判断後初となった17日の靖国参拝は、簡素なものとなった。周辺諸国への配慮からか、礼装ではなくグレーのスーツに水色のネクタイ姿。本殿には進まず、拝殿だけで神社を後にした。一方で、「適切に判断する」と繰り返してきた参拝時期は、靖国神社が望んできた秋季例大祭の初日。裁判所の違憲判断を「理解に苦しむ」とかわし、中国や韓国との関係が冷える中での参拝に、賛否さまざまな声が上がった。
****

 違憲なのは、政教分離という観点ではその通りなのかもしれないけれど、アアソウデスカ、と単純に納得して済む話じゃないだろう。日本人たるアイデンティティーを守るべく靖国参拝は行うべきだ。
 中韓の批判なんぞクソクラエ!…と単純ではないにしても、判を押したようないつもの批判には飽き飽き。自国の我を突き通し、他国を否定する事から始まっている韓国。アジアの覇権を欲している中国。全て棚に置いて、こうやって他国に干渉する事で国内の支持を取り付けるその姿勢はある意味たいしたもんだ(感心してる場合じゃない)。
 それ以前に日本国内に於いての批判の方が好きじゃないけれど。先の大戦の是非はさて置き、それ以前に国の命令で死んでいった人たちに対して、日本人なら少しは感謝してもいいんじゃないのか、と思うのだが。
 「そういう話じゃなく、諸外国と協調していくべき日本の対外姿勢の問題だ」としても、そこまでへりくだった外交に、本当に意味があるのか。他国にへりくだる事が日本の外交方針の基本(であるようだが)だというのでは余りにも情けなさ過ぎる。せめて対等でありたい、と思うのは不自然ではないと思うのですがネ。

|

« のっこみカレイ順調 | Main | 4常任理合計より高負担、許されるか…日本が改正要求 »

ニュース」カテゴリの記事

Comments

そうだ、よく言った。

やり方がどうあれ、結果的に「公人としての参拝」になることを批判する人が多いけれど、国を代表しているからこそ中韓に対して意味があるんじゃねーかバカヤロウ。「個人と言いつつ実質は公人」てのがミソなんだから。

サムライニッポン(なんだかサッカー日本代表のキャッチコピーみたい)が小ズルくなる必要はないが、好きなようにはさせないっていう程度の防衛策があっていいと思うんだよな。だからぶっちゃけ靖国じゃなくてもいんだ。同じような効果があるなら。

ここはお国のために戦った人たちにもう一回頑張ってもらうってことで。

Posted by: ゴー | October 18, 2005 11:27 AM

お国のために死んだ人達とお国のために死ねと言った人達の待遇が一緒ってのはあたしゃ納得できんのだがね。諸悪の根源もここにあるわけだし。

Posted by: KOH | October 18, 2005 12:58 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 靖国参拝 ポケットからさい銭…簡素に 小泉首相:

» 風呂上りの小泉純一郎 [我楽侘箱の世界]
Koizumi―小泉純一郎写真集 小泉首相が靖国神社に参拝したようですね。 今回は私的色を強めた参拝だそうで、いわばプライベートということですかね〜 そんな小泉首相のプライベート満載の写真集があります。 幼少期から総理大臣就任後の活躍ぶりまでの写真...... [Read More]

Tracked on October 20, 2005 08:33 PM

« のっこみカレイ順調 | Main | 4常任理合計より高負担、許されるか…日本が改正要求 »