« もやしもん 2巻 | Main | おおきく振りかぶって »

November 29, 2005

野島防波堤のザブトンガレイ

 26日は子供の三種混合摂取イベント。その後天気が良いのでうみかぜ公園をブラブラ歩きながら散歩&偵察していたら電話が入った。野島で45,46,48cmのカレイが短時間の間にバタバタ上がったとのこと。たった今の事らしい(48cmのカレイは、沖上がり後の計測では47cm)。
 翌日27日には東電防波堤に行こうと考えていたのだが、この夜野島へ急遽釣行先が変更と相成った。40cm台後半の釣果がここまで出るということは、まだ居るに違いない、という二匹目のドジョウ作戦であった。
 さて翌27日の野島防波堤。朝から潮が動かない。投げ竿はエサ取りがすごいものの、本命は全く掛かってこない。ブラクリにはアイナメはおろかカサゴの反応すら全く無く、小魚にエサを小突かれるのが関の山。海の中は海タナゴが溢れかえっているのが見えた。
 私、みたぼん、M氏、T氏の4人が並んで竿を出していた。8時、9時、10時と時間が過ぎていくが釣れない。そんな中みたぼんに32cmが上がり、10時半頃までに36cmが上がった。漸くカレイの顔を見たが4人中1人のこと。私を含め、M氏もT氏もサッパリ釣れていなかった。昨日は10時までにはザブトンガレイ(常磐ではいざしらず、東京湾では十分にザブトンです)が上がっていた。今日はダメなのか…と早くも諦めモード。みたぼんは所用あるとの事で昼上がりが決定していた。私としても日曜日釣行は昼アガリが楽で良い。そのためには午前中にある程度の釣果が欲しいところであった。
 11時にさしかかった頃、少し離れて小用を足していた。すると「おい!早く来い、竿が吹っ飛んで行っちゃうぞ!」との声。そんな事言っても途中で止めるのは難しい。漸く終えてから行ってみるとまだ竿は無事に皆に見守られていた。
 早速合わせをくれてからリーリング。グイ、グイ、グイと重みが手元に伝わってくる。カレイのヒキとしては重過ぎるが、48cmともあればこんなものかもしれない、などとヤリトリ中の想像(妄想)は膨れ上がっていく。
 やがて足元までよって来た。海中でキラリと踊った魚体はカレイではなく、スズキ74cmであった。カレイでなかったのは残念だったが、これはこれで晩御飯のおかずGETである。まぁヨシとした。
 11時過ぎ、M氏の竿に小さなアタリがあった。M氏が巻上げを開始するが、これが重そうである。

 仕掛けは足元まで浮いてこない
 浮いてこない。
 浮いてこない…ユラリ

 と魚体が見えたとき、歓声が上がった。大きい。
 一発タモ入れ。掬い上げるとやはり大きい。50cmはあるのではないか!?と見えた。
 計ると47cm。惜しい。しかしデカイ。そして、やはり大きな個体の混ざる群が入ってきているとその場の誰もが確信した。そして皆エサの付け替えをすぐさま行い、打ち返した。それも今釣れたポイントへ向かって。

 5分後、私の竿にアタリが!
 あわせをくれるとズシっと乗った。そしてリーリング。たまに魚体が抵抗する感覚が手に伝わってくる。周囲の人も色めき立っている…が、さすがにそこまで重くは感じなかった。
 やがて魚体が見えた。まぁまぁ。37cmであった。
 さらに10分後、やはり私の竿にアタリが。
 巻き上げると異様に重い。再び色めきたったが、30cmクラス+ヒトデのオマケつきであった。

 やがて12時となった。これだけ釣れたので満足であった。M氏、T氏はそのまま釣り続けるとの事だったが、私はみたぼんと沖上がり。食べる分には満足のいく釣行ではあった。
 それにしても、私はそこそこ釣果には恵まれた方だとは思っているが、型にはなかなか恵まれない。40cmオーバーのカレイはついに釣れず、そろそろカレイは子が膨らみ身の味が落ちてくる頃合に差しかかろうとしている。落ちガレイのシーズンには是非とも型の良いカレイを釣りたいものですな…。

|

« もやしもん 2巻 | Main | おおきく振りかぶって »

釣り」カテゴリの記事

Comments

みたぼんです。日曜日はお疲れさんでした。
型は運とはいえ、結局40オーバーすら出なかったのは悔しいもんですなあ。
しかし午後はどうだったんだろうか。。Tさんはいつも写真撮るからダメだったんだろうか。。。
いずれにしてもこのシーズン、電車釣行の人は場所取れないから辛いよな。。
野島にも最近疲れてきたような。。どこかに天国のようなポイントはないかしらん。。

Posted by: みたぼん | November 29, 2005 12:30 PM

 40オーバー釣りたかったですねぇ。
 先ほど、このブログ開設以来、40オーバーのカレイ釣ってない事に気がつきました。なんだかなぁ。アイナメの釣果はまぁまぁなんですが。

 どこかにある天国の様なポイント。
 知りたい。欲しい。行きたいものですね。
 陸っぱりを地道にこなすしかないですかねぇ…。

Posted by: 竜馬 | November 29, 2005 07:43 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 野島防波堤のザブトンガレイ:

« もやしもん 2巻 | Main | おおきく振りかぶって »