« 出生率最低で超少子化国に | Main | 焼酎の在庫 その3 »

December 18, 2005

霧笛屋 新橋店

 会社の同僚がプロジェクトを外れることになった。代わりの人が来て、人員交代となる。顔合わせの呑み会をやろう、ということになった。
 場所は霧笛屋 新橋店。小なりとも生簀(水槽)があり、マダイやヒラメが泳いでいる。この日はシマアジが泳いでいたのでそれを注文した。
 やがて活き造りがテーブルの上にやってきた。瞬間、コノヤロウ、と思った。
 理由は以下。

 しょのイチ。一匹盛りの割には明らかに刺身の量が少ない。1/3か、1/4匹分の量しかない。無論、刺身の盛り方は活き造り状態で、お頭つきであるにもかかわらず。
 しょのニ。魚の尾を見ればすぐわかったが、潤いが無く、乾いている。要するに冷蔵庫にでも入れていたのではないか、と思える。まさか外に晒していたとは思いたくはないが。
 しょのサン。ということで、一口喰ってみて確信。とても活きた刺身ではありません。朝のうちに〆たか、下手すると昨日か?みたいな刺身。

 つまり水槽は見せ掛けだけ。活き造りの際にも一匹分は出さず、一部は冷蔵庫の中へ。盛り付けられているお頭背骨部分は使い回しということだ。冷蔵庫の在庫の状況次第で、本来の活き造りを食べる事ができるかどうか、運次第ということなのかも。やれやれ。
 前はこんなじゃなかったと思うんだけどなぁ。経営方針が変わったか。残念なことだ。

|

« 出生率最低で超少子化国に | Main | 焼酎の在庫 その3 »

お店」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 霧笛屋 新橋店:

« 出生率最低で超少子化国に | Main | 焼酎の在庫 その3 »