« おたんじょうび | Main | 出生率最低で超少子化国に »

December 16, 2005

子供達の負担

 二人目が生まれる、という事で改めて思った。
 この国は子供を産めや増やせや、という考えではないって事をつくづく感じる。
 子育てには手がかかり、お金がかかる。でも、出産費用も養育費も今のところアタリマエだけどそれは個人負担。子供は好きで作っているに過ぎないのだから。
 ところが、年金は義務である。年金制度が本当にネズミ講でないと言うのなら、子供を増やす事に対しての補助を本当に考えて欲しい。出産費用なんぞタダにしろタダに。子育て補助金だっていつでもいくらでも受け付けてやる(笑)。
 それぞれの家庭事情はさもあろう。が、自分たちの子供を見て、この子たちが将来に抱える負担を考えると寒々としたものを感じざるを得ない。出生率って今1.29だっけか。2.5あたりが理想ってどこかで読んだけど、今の状況から数字がハネあがる要素、もっと言えば上昇に転じる要素って誰か思いつきますか。
 今のままだと日本人はいつか居なくなってしまう。それは、空論と笑っていられる事なのだろうか。確かに、減少傾向にいつか歯止めが掛かるはず、と根拠無く、なんとなくは思う。だが目の前の数字は今のところ2.0以上にはなっていないし、その傾向すらない。

 子作りは誰の義務でもない。しかし年金は義務だ。ここに矛盾がある。しかしその矛盾の解決は先送りにされる。じーさん議員は後のことを気にせずとも、先に死ぬ。

 出生率に関するブログの文章ってテンコ盛りみつかる。皆、いろんなことを思っている。
 カミさんの検診につきあい、病院の支払い窓口で待っていて、「ああ、こういうのタダじゃないんだよな」と、改めて感じた今日この頃。

|

« おたんじょうび | Main | 出生率最低で超少子化国に »

「生活」カテゴリの記事

Comments

そーなんだよなー、日本。

だからうちは二人目はアメリカ人(日本国籍保留中)にしました。スゲーぞ、アメリカ。僕がまだ学生だってこともあるけど、何にも金かかんない。このあたりにあの国の底力を感じます。

Posted by: gocito | December 17, 2005 09:36 AM

 医療費改革考えるなら、正常出産も健康保険適用に汁。

Posted by: 井村 瑶茉 | December 17, 2005 02:35 PM

 健康保険適用、出産一時金の増強、その後の育児補助を求めたいやね。
 求めるばっかり>私(笑)。

Posted by: 竜馬 | December 18, 2005 08:13 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 子供達の負担:

« おたんじょうび | Main | 出生率最低で超少子化国に »