« ヤフオクは忘却の彼方 | Main | MOONLIGHT MILE 11巻 »

December 06, 2005

波しぶきの久里浜東電防波堤

 12月3日。今年最後の東電防波堤釣行を敢行した。
 対象魚種は主にアイナメ狙い。根の厳しいところに投げ&ブラクリで勝負と考えた。
 当日、天気はまぁまぁながら北風強く、10mオーバーの風が吹き付けてきた。投げ釣り師は私を含め5,6人いたが、私以外は全て"モト"に渡り、私だけが"先"に渡った。"先"は足場がどこも低く、投げ釣り師が来る事はほとんど無い場所である。また北風には弱く、波しぶきが立ち、潮が足元を洗っていた。
 最初は磯竿で攻めるつもりであったが、余りの風の強さに断念。投げ竿3本を風に逆らって振り下ろした。ブラクリやチョイ投げは逆に堤防南側に向かって投げたが、こちらのポイントはベラが多いポイントであまり釣りにならない。とりあえず捨て置いた。
 午前中は潮を被りながらの展開であったが、ヒトデとベラの猛攻であった。海水温は意外と高く、風が冷たいせいで手を水につけている方があたたかい。振り返って金田湾、剣崎方面を見るとやや蜃気楼がかっている景色が見えた。
 11時頃、漸く北風が緩んできた。それまでの釣果はホウボウ1匹。22,3cm程度。他は何もナシの寂しい状況。掛かってくる魚はベラばかりだ。共に"先"に渡っていた常連のオジさん達はルアーでスズキが入れ喰ったり、はたまたイナダを釣ってたり、そしてまたアオリイカを釣り上げたりと景気がいい。「どう?」と聞かれるが寂しい返事しか出来ず、"モト"に見える投げ釣り師達の釣果が気になってきていた。
 そんな中、チョイ投げには変化が無いが、打ち返していた投げ竿の方に変化があった。10分前に投げたばかりの竿が明らかに重い。リーリング開始するも、仕掛けは浮いてこず、明らかに泳いでいる反応が見て取れた。魚体が海面に見えてきた。カレイ37cm。タモ入れも無事に済んだ。東電では久々に釣ったカレイであった。
 おっとっと本命はアイナメでありました。岩礁周りに打ち込んでいた竿に反応があったものの、この日はアイナメ21,2cm程度のものが2本に終わったのみ。その後カレイの30cmクラスを追釣し、15時の船で沖上がりとなった。
 当日は伊豆サーフ会長氏も訪れていたが、モトは厳しい状況だったらしい。そして一番の好釣果だったのは"先"に渡っていた常連氏で、スズキ3匹を始め、イナダ、メジナ、アオリイカ数杯という釣果。潮かぶってるのはダテじゃありませんね。名人は釣るべき魚の時期をちゃんと押さえているものよのう…と思いつつ、今年最後(になるであろう)の東電防波堤を後にしたのでした。

|

« ヤフオクは忘却の彼方 | Main | MOONLIGHT MILE 11巻 »

「釣り」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 波しぶきの久里浜東電防波堤:

« ヤフオクは忘却の彼方 | Main | MOONLIGHT MILE 11巻 »