« ブログ一周年かいきんしょー! | Main | たかさご家 »

January 27, 2006

修羅の刻 15巻

 雷電と陸奥の対戦。相撲こそ最強だ、というのは過去の話になってしまった。作者川原正敏の後記にもその記述があった。
 残念とも思えるが、本当にそうだと証明された訳でもない。現役最強力士が異種格闘技に出た訳ではないし。第一、仮に曙が勝利を重ねていたとしても、彼をヒールに仕立てていた相撲協会がしてやったりと喜ぶとは思えない。とは言え現状は、複雑な心境なんだろうな。
 まぁ、格闘のジャンルや歴史にそれほど詳しい訳じゃないので、その辺はまぁ置くとして。
 さて修羅の刻。以下ネタバレ含む(^_^;)。(ココログの契約変えるかなぁ…)

 雷電の前に現れた陸奥は、果たして雷電の息子であったのか、という問いかけがあった。作者川原正敏の意識の中にはその答えがあるのか、無いのか。作中で陸奥は母親にそう問いかけ、あしらわれていた。
 私は、彼は雷電の息子ではないと思う。
 そう思わせるノリ、展開ではあったが、肝心の雷電が「自らを殺す男」を求める余り、そういう行為に及ぶとは思えない。
 20年待て、と言われた意味はすぐわかる。しかしそれをすぐに自分の子、と解釈しないだろう。仮にそう解釈したとしても、本気で相手を殺すつもりで死合う期待を込める相手が、自らの息子である可能性を考えたとき、その手に本気の殺気を込める事が出来たであろうか?更にまたそうだとして、息子が自分を超えていればよし、超えていなければ手にかける、という事を雷電は考えたであろうか?
 否だと思う。そんな雷電の姿は、昔の傷を引きずって「自らを殺す男」を求める雷電とは矛盾した姿に映るから。
 息子に殺される事を選ぶ雷電も思い浮かばない。彼は本気で戦い、本気で倒されてこそ嬉しかったのだから。

 …と考えますよ、川原さん。

|

« ブログ一周年かいきんしょー! | Main | たかさご家 »

「アニメ・コミック」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 修羅の刻 15巻:

« ブログ一周年かいきんしょー! | Main | たかさご家 »