« 人生いろいろ | Main | 仙台へ行ったときの事 前編 »

January 21, 2006

米国産牛肉、再び輸入禁止…危険部位が混入

 もうね。アホかバカかと。

****
 政府は20日、輸入された米国産牛肉に、BSE(牛海綿状脳症)の病原体が蓄積しやすい特定危険部位の脊柱(せきちゅう)が混入していたため、12月に再開したばかりの輸入を、再び全面禁止する方針を決めた。
****

 如何に日本を馬鹿にしているのかの象徴ではないか。
 そして事務レベルで合意した人々が、如何に現場を知らないか、ということではないのか。
 こんなに早く危険部位の混入が発見されたという事は、運が良かっただけだろうか?そうではなく、それなりの高頻度で混入している可能性はないのだろか。そして何よりも、米国の食品運用に対する意識の低さを物語る事象であるに他ならない。

※我ながら口調キビシーなー。ま、このくらいは…(^_^;)。

 米政府は謝罪するかな?(報告して終わりじゃねーだろーな)それで日本に対する意識が窺えるような気もするのだが。

 今回の出来事で、一番泣きたい人って吉野家の社長かな。訴訟起こしていいと思うぞ。マジで。

|

« 人生いろいろ | Main | 仙台へ行ったときの事 前編 »

「ニュース」カテゴリの記事

Comments

とっととあきらめて、650円で国産牛肉使用牛丼出せばいいのに>吉野屋

Posted by: KOH | January 21, 2006 08:06 AM

あ、「吉野家」だった。お目汚しスマソ。

Posted by: KOH | January 21, 2006 10:15 AM

 それって築地値段だっけか。
 でも全体としては商売にならんのじゃない?

Posted by: 竜馬 | January 21, 2006 11:51 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 米国産牛肉、再び輸入禁止…危険部位が混入:

» アメリカ産牛肉が再び全面的輸入停止にっ! [やっばり言いたい中年のひとこと日記]
<米国産牛肉>再び輸入禁止 危険部位の混入確認 (毎日新聞) - 1月21日1時54分更新 政府は20日、米国から同日朝輸入された牛肉に脊柱(せきちゅう)(背骨)が混入していたことが確認されたと発表した。成田空港での検査で、一まとまりで空輸された41箱のうち3箱(55キロ)から見つかった。昨年12月に再開された米国産牛肉の輸入では、脊柱などBSE(牛海綿状脳症)の病原体が蓄積しやすい特定危険部位の除去が義務づけられている。この違反を受けて政府は、米国から原因について報告があり安全が確認さ...... [Read More]

Tracked on January 21, 2006 11:22 AM

» ■<BSE>特定危険部位の除去、検査官知らず 米農務長官 [現役官庁営業マンが語る公共工事の真実]
  【ワシントン木村旬】日本向け米国産牛肉に牛海綿状脳症(BSE)の病原体が蓄積しやすい特定危険部位の脊柱(せきちゅう)(背骨)が混入していた問題で、20日に会見したジョハンズ米農務長官は、担当の検査官らが「日本向け牛肉から脊柱を除去する必要があることを認識し... [Read More]

Tracked on January 21, 2006 06:08 PM

» 米国産牛肉、再び輸入禁止…危険部位が混入 [参加型ニュースサイト@NEWZ(アット・ニューズ)]
政府は20日、輸入された米国産牛肉に、BSE(牛海綿状脳症)の病原体が蓄積しやすい特定危険部位の脊柱(せきちゅう)が混入していたため、12月に再開したばかりの輸入を、再び全面禁止する方針を決めた。 米国内での特定危険部位の除去作業をめぐっては、昨年8月、米国政府が自ら1000件を超える手続き違反を公表していた。 久しぶりに牛丼食べたかったのになあ。... [Read More]

Tracked on January 22, 2006 07:07 PM

« 人生いろいろ | Main | 仙台へ行ったときの事 前編 »