« 出産無料化を検討、少子対策で政府 | Main | いっとーしょー! »

January 15, 2006

移動時の費用分担

 複数の友人とどこかで待ち合わせを行い1台の車で移動する、或いは1台の車が途中で複数人を拾いながら皆で移動する、という経験は多くの人が経験されている事と思う。旅行だったり、ドライブだったり。
 そんな時、どのように費用を割りますか?私の今までの経験は、以下の様な感じ。

 集合場所から解散場所までの高速道路代、及びガソリン代を人数で割る。
 途中拾いの場合は人数変更毎に、その区間内で高速道路代、及びガソリン代を人数で割る。つまり最初の人間は1人の区間は自分1人で支払う事になる。

 上記は乗った区間を均等に割る、常識的な費用分担だと思っていた。ところが先日、別の発想での費用分担方式を知った。その内容はこんな感じ。

 途中拾いの場合、全金額を全員で均等に割るべし。

 一見、最後に乗った人が乗ってない(区間)分まで負担するような構造で、ちょっと不均衡のような気がするが意図は別にある。要するに後に乗る人は、自分のところに寄ってもらっているので楽をしている。逆順だったら金額負担は逆転するため、均等に割る事こそが平等である…という発想だ。

 目からウロコであった。なるほど、一理ある。待ち合わせ方式でもその場所を選定するのに悩ましい場合は、同じ発想で解決すればある程度の平等感があるように思える。
 当然、目的地と各メンバーの乗車位置の関係などもあり、一概にこれが正しいとは言えない。と言うよりは、通常であれば遠方の者がより近い者をコース途上で拾うだけの事であり、目的地によって遠近が決まり、その結果金額が決定される…という方が一般的だと思う。また、集合までの距離感や費用に著しく差異がある場合もこの方式は全く向かないだろう。
 しかし例えば、A氏B氏どちらからスタートしてもあまり変わらないだとか、途中のコース取りで順番が逆転してしまう場合が出てくるだとかいう際には、こういう発想もあると知っておく事も一つの解決策になるかもしれないなぁ、と思った次第。

 …それとも…私だけ知らなかった(考えてなかった)だけだろうか(^_^;)。

|

« 出産無料化を検討、少子対策で政府 | Main | いっとーしょー! »

「生活」カテゴリの記事

Comments

自分の場合は、均等にする側かなぁ。
集合側の距離が近く、目的地が遠い場合=均等
集合側の距離が遠く、目的地が近い場合=距離に応じて
というようにですね。

Posted by: あび | January 16, 2006 07:58 AM

>あびさん

 均等割りって今まであまり身の回りで行われていなかったのでちょっと新鮮でした。必ずしも、いつも正しいというものでもないですけどね。

Posted by: 竜馬 | January 16, 2006 08:26 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 移動時の費用分担:

« 出産無料化を検討、少子対策で政府 | Main | いっとーしょー! »