« 伯母が亡くなった | Main | 移動時の費用分担 »

January 14, 2006

出産無料化を検討、少子対策で政府

 遅いよ!

****
 政府は12日、少子化対策の一環として、入院を含めた出産費用全額を国が負担する「出産無料化」制度導入の検討に着手した。
 若年夫婦などの経済負担を軽減することで、少子化に歯止めをかけるのが狙いだ。6月に閣議決定する「経済財政運営と構造改革に関する基本方針」(骨太の方針)に盛り込むことを目指す。
****

 いや、ま、いいことなんですが。
 ウチにとっては遅いよ!閣議決定される頃に生まれるよ!結構大きいんですが。
 遡ってくんないかなぁ…くんないだろうなぁ…。

 関係ないけど「骨太の方針」って今更ながら変な表現だと思いません?

|

« 伯母が亡くなった | Main | 移動時の費用分担 »

「ニュース」カテゴリの記事

Comments

イメージ先行が今の内閣だからねぇ…

人口減になって大慌てで少子化対策出してる日本国の政府ではありますが、出る案がみんなお金がらみなんだよね。

もちろん、お金はあったほうがいいに決まってるけどそれだけじゃなくて、子供を育てるための環境整備(企業への育児休暇や育児時短の導入強制とか、保育施設や小児科医の拡充とか)もやったほうがいいんじゃないかと独身者は考えたりするのだけど、親御さんはその辺どう思うんでしょ?

Posted by: KOH | January 14, 2006 at 01:16 PM

>KOHちゃん

 お金がらみは確かに大事ですが、KOHちゃんの言うとおり、育児休暇や保育施設はそれ以上に切実ですよ。
 男性の育児休暇は強制取得制度にならない限りまずムリ。制度はあるけど取得率が極端に低いのが物語ってるよね。自分の会社も見回せば「取得する=会社に迷惑をかける行為」空気満杯です。
 保育施設は特に思うのが、軽い風邪でも預けられる施設の拡充を欲してます。子供なんて簡単に風邪ひきますが、それでも預けられる保育園って周囲に無いんですよね。子供なんてすぐ風邪ひきますからねぇ…。
 ウチのような、近くに頼れるジジババがいない核家族って切実です。

Posted by: 竜馬 | January 14, 2006 at 05:43 PM

 そもそもだな、出産に健康保険が効かんというのがまちがっとる。

Posted by: 井村 瑶茉 | January 14, 2006 at 08:18 PM

法案が極端過ぎると反対案も出るから
「保険適応可」ぐらいがいいんじゃないかと思う。
そもそも少子化が進んでも成り立つ日本にできない
のかなあと思う。
一番のイメージが年金の為にって感じがしてしまう
(もっと問題はあるけどね)

Posted by: ある | January 14, 2006 at 09:16 PM

>いむセンセ

 そうですよね~。健康保険が効かないっていうのはカンベンですよね。現実ですが。

>あるちゃん

 やっぱ保険の話に行きますよね。
 そして少子化対策って年金のためってイメージが確かにある。でも、年金制度って新規加入者が増えないと破綻する制度だもんね。切り離せない…。
 

Posted by: 竜馬 | January 16, 2006 at 08:24 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79574/8150889

Listed below are links to weblogs that reference 出産無料化を検討、少子対策で政府:

» 親になる権利――日本での不妊治療の現状(日本人に卵子不法あっせん容疑 韓国でブローカーら逮捕) [SEX-Therapy【セックスセラピー】 presented by Mari Okawauchi]
不妊治療――「子どもがほしい」と願う夫婦にとって、これは切実という言葉では、とても語りきれないことだ。上記のニュースがなにを物語っているか。端的にいうならば、日本の不妊治療の現状が、当事者たちの要望を満たしきれていないということを示唆しているといえるのではなかろうか。まず、わかりや......... [Read More]

Tracked on January 15, 2006 at 07:17 AM

« 伯母が亡くなった | Main | 移動時の費用分担 »