« 久しぶりのアマダイ | Main | 盗聴先の大半、テロ無関係 対象は5000人と米紙 »

February 06, 2006

勝五郎

 蒲田に勝五郎という寿司屋がある。寿司屋というか、居酒屋かもしれない。そこで職場の呑み会があった。
 店内は山小屋、ロッジの様な感じで、窓の外は雪が積もっているのではないか、という錯覚を覚えさせる雰囲気だった。
 2階に上がったのだが、冷蔵庫の中の瓶ビールなどはセルフサービスである。おでんや、刺身などが大皿に乗って1階から上がってくる。その中に、ウニが板で乗っていた。これが絶品であった。
 チリ産やカナダ産、いや国内産だってミョウバンを多用し、ウニに非ず、の味がついている事が多い。それはどこの店でも普通についている味だ。苦味と言うか何と言うか、微妙な味。ああ、私は海原雄山ではないのだった。
 このときのウニにも、板にある表示を見ると一応、ミョウバンの表示があった。しかし微量らしく、ほとんど苦味を感じなかった。一口含めば、ウニの甘みと潮の香りが口中に広がり、涙すら流しそうであった(それはウソ)。
 久方ぶりの、美味しいウニであった。活きウニに近いような。
 また食べに行きたいが、お金も時間もそんなに無いのであった。

|

« 久しぶりのアマダイ | Main | 盗聴先の大半、テロ無関係 対象は5000人と米紙 »

「お店」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 勝五郎:

« 久しぶりのアマダイ | Main | 盗聴先の大半、テロ無関係 対象は5000人と米紙 »