« なんだか | Main | やわらか戦車弱し »

April 05, 2006

金魚屋古書店 3巻

 一冊の漫画に対する「想い」が込められたエピソードに相変わらずしんみりしてしまう金魚屋古書店。3巻が発売された。
 古本屋や貸し本屋が絶滅寸前、という話はここでも以前書いた話だが、出来れば貸し本屋の主人に納まってみたいという気持ちはわかるような気がする。大好きな漫画に囲まれた仕事場。人との付き合い。そして漫画談義。それは漫画好きには理想の環境であるのだが、しかしその理想は理想でしかない事も同時に知っている。いや言い過ぎか。非常なる困難が伴う、ということだろうか。何事も商売は難しい。まして貸し本屋は風前の灯だ。

 自分の蔵書を振り返る。最近本棚の効率化にお金をかけている。週能率は上がり、床面積は広がっている。しかし、子供の部屋など将来の住宅事情を考えると、やがて手放す日が来るのかもしれない、とも思う。
 そんなとき、貸し本屋に本を売りたいな、と思うことがある。古本屋に売れば、これらの本は散逸してしまう(かもしれない)。その事の寂しさを思う。貸し本屋であれば、その可能性は低いのではないか、と思う(貸し本屋だったら、そもそも自分の持ってる本ごときは全て持っていそうでもあるが)。

 漫画って、愛されているのかなぁ?

|

« なんだか | Main | やわらか戦車弱し »

「アニメ・コミック」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 金魚屋古書店 3巻:

« なんだか | Main | やわらか戦車弱し »