« 銀河鉄道999 ラジオドラマ | Main | 吉野家で見た風景 »

April 23, 2006

一時は決裂寸前も、竹島日韓合意は「痛み分け」

 外交の前にやることがあるだろう。

****
竹島周辺海域での海洋調査を巡る日韓交渉は22日夜、両国の意見の食い違いが続く状態から一転、合意に達した。交渉は合意直前まで曲折をたどり、一時は決裂寸前の場面もあった。
 韓国は6月の国際会議に韓国名称を提案せず、日本は海洋調査を当面行わないことで、とりあえず「痛み分け」で矛を収めた形だ。
 難航した交渉の焦点は、日本側が要求していた「6月の国際会議で竹島周辺の海底地形の韓国名を提案しない」ことを合意に盛り込むかどうかだった。日本の要求に対し、韓国は「合意に含めることは、認められない」とかたくなに拒否する姿勢を崩さなかった。
 「これは絶対に譲れない一線だ。これが入らないなら、席を立って日本に帰ってきていい」
 22日昼過ぎ、谷内正太郎外務次官が安倍官房長官に経過報告をすると、安倍長官はこう指示した。
****

 安倍晋三いいぞ!しかしもっと強行に行けよ!韓国の根拠のない発言にいつまでグダグダやってやがんだ!…なんて、ちょっと右よりな私だったり。
 いやまぁ、今回の件、自分の中でもあまり整理がついていない部分があったりする。

 そもそも、対韓外交の前に、日本国内の意見はそもそもどこまでの考えを持っているんだろうか。この領土問題で、本気で韓国と紛争する気が、日本人にあるのだろうか。
 どこか他人事であり、そして現実味がなく、遠い国の話だと感じているのではないか。この点をもう一度、国内世論をまとめる必要は無いのか。日本人は竹島、韓国との関係をどう思っているのか。これを早急にまとめる必要があるように思う。

 今回、海洋調査を強行し、韓国軍がこれを拿捕しようとした場合、日本側は自衛権を発動する事になる。これを「自衛権」と主張する事が本当に出来るのだろうか。国際司法裁判所に持ち込むことも今は出来ていない。韓国のせいだ。しかしながら、繰り返すが日本はどこまで本気なのだろう、と考えてしまう。
 今回の出来事は、アジアのリーダーを名乗る資格を疑わせかねない行為だという向きもある。であればこそ、安易な妥協、先送りは許されないのではないか、と思う。

 そもそも、今回の件、他国の干渉が大好きなアメリカの声明って出てないんじゃないのか。仮に紛争になったら、アメリカはどちらに味方するのだろうか。日本に味方しないのなら、思いやり予算なぞ払う必要はない。今日にも明日にもお引取り願いたい。今回の事態において、アメリカの立場も明確にして欲しいものだ。

 国内の票集めのために右傾化する、なんてのは韓国ではアタリマエなのかもしれない。アメリカでもアタリマエであった。では日本は?「安倍晋三いいぞ!」なんて思ってしまう人がここにも一票いますけど(この問題に関しては)。

 冷静に考えれば、竹島って本当にどこまで必要な島なのだろうか。日本が他の何物かを捨ててまでコダワル必要性がある場所なのだろうか。その発想は弱腰姿勢とも思えるが、安直には言えない。竹島を守る意味、意義も大きいが、紛争に突入すれば失うものも果てしなく大きい。経済的観念から言えば、竹島問題で紛争に突入する事に意味があるとは思えない。だからこそ、ここまで来た。右向きだろうが、左向きだろうが、今まで唱えていた戦争放棄の意味をもう一度考え直す時が来たはずだ。

 極東地域において、日本は孤立を深めていると思う。対中、朝、韓、ロ外交、どれも成功しているとは思い難い。過去、日本が孤立化し、キレて始まった戦争があった。外交方針を誤れば、同じ事を繰り返すのではないか、と思う。隣人の側に当方と仲良くするつもりがないのなら、それ以上の関係改善を望むのは難しい。それはそうだが、それでいいのか。日本の外交方針はどこへ向かっているのだろう…。

|

« 銀河鉄道999 ラジオドラマ | Main | 吉野家で見た風景 »

「ニュース」カテゴリの記事

Comments

 実効支配されている国境問題について、いまさら実力で対抗すれば、小競り合いが小競り合いでなくなることもあるわけだから、今回の結末は望み得るよい結果であった。両者大人の対応であったといえる。
 抗議を続ける、間断なく続ける、この程度にあしらっておく他に適当な選択肢はないように思う。
 何百年という長いスパンで見れば、どこの国が何を
いいだすか、密かに想定しておくこともありなのではないか。オスマン帝国の興亡の歴史に興味を覚えます。この程度のことで安保条約を持ち出してアメリカがどう思っているかなど、ありえない。特定の国から原爆が飛んでくるかもというような難しい状況以外では安保は関係ないと考えたい。

Posted by: sakura | May 05, 2006 at 12:10 PM

>sakuraさん

 私には問題を先送りしただけの、あまり良い結果とは思えませんでした。ただし、「小競り合いでなくなること」に発展しなかったのもまた、悪い結果とも思ってません。紛争地域にしたい訳じゃない。でも、先方は紛争地域にしたくて仕方がない訳じゃないですか。結局、日本が「この程度にあしらわれてしまった」に過ぎないと思うのです。
 「この程度」なんて話にならなかったから良かったけど、日本が紛争当事国になった時点で、アメリカの意思の確認はそんなに簡単な話ではないと思ってます。核にからむ話でなければ在日米軍が動かないなんて言うのであれば、やはり在日米軍なんていらない。ムダ金を払うには高すぎです。もっとも有事の際に、在日米軍が簡単に動いてくれるとも現実的には思ってませんが…。(あれは日本にタカってるだけ…)

Posted by: 竜馬 | May 06, 2006 at 03:11 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79574/9726651

Listed below are links to weblogs that reference 一時は決裂寸前も、竹島日韓合意は「痛み分け」:

» 竹島周辺調査中止(日韓両政府が合意)測量船は撤収 [ブログで情報収集!Blog-Headline]
「竹島周辺調査中止(日韓両政府が合意)測量船は撤収」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。 =2006... [Read More]

Tracked on April 23, 2006 at 07:09 PM

« 銀河鉄道999 ラジオドラマ | Main | 吉野家で見た風景 »