« 一時は決裂寸前も、竹島日韓合意は「痛み分け」 | Main | 少年ヤンガスと不思議のダンジョン »

April 24, 2006

吉野家で見た風景

 カウンターに座り豚丼を喰っていたところ、対面のカウンターで焼き魚定食を食べているオヤジが、何か店員に「…やってくれ」とボソボソ言っている。発音が明瞭でなく、ついでの様に言っていたので聞き取れなかったが、店員も同じように聞き取れなかったらしい。
 それでも「はい?」と店員は再度聞こうとする態度を取ったが、オヤジは再びボソボソと「…やってくれ」と、聞き取りにくい声を発した。何をやってほしいんだ!とこっちが気になった。
 戸惑う店員にオヤジは嫌気が差したらしく、「出来ないならいいよ」とこれは明瞭に言ったのであった。忙しい店員はスミマセンとか言いながら奥へ入った。

 やがてオヤジは焼き魚定食を食べ終わり、「水」と店員に要求した。「少々お待ち下さい」と答えるのは先ほどの店員。ところがその店員は他の客の注文などに応対し、奥へ表へ出たり入ったり。店員が二往復するにあたり、みるみる不機嫌になっていくオヤジが見て取れた。まぁ、そういうこともあろうて。
 「もういいよ、お勘定」と不機嫌そうに言うオヤジ。ところが店員はすっかり水の事を忘れて、不機嫌なオヤジにドギマギしながら応対していた。お札を渡すオヤジ。お釣りを渡す店員。

 チャリーン。

 お釣りがオヤジの手からこぼれ、床下を転がった。
 「あっ、申し訳ありません」
 謝る店員。オヤジは黙って小銭を拾って店を出た。
 …それだけの事ではあるが、オヤジの不機嫌さは暫く続いた事だろう。そんな日もあるやね。

|

« 一時は決裂寸前も、竹島日韓合意は「痛み分け」 | Main | 少年ヤンガスと不思議のダンジョン »

「お店」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 吉野家で見た風景:

« 一時は決裂寸前も、竹島日韓合意は「痛み分け」 | Main | 少年ヤンガスと不思議のダンジョン »