« シンガポール人が探した「秘伝書」あった | Main | 成分分析 »

April 17, 2006

一郎丸のマルイカ

 ここのところ好調とのコトで、鴨居は一郎丸よりマルイカ船に乗船。何故か私のイカ釣りは日が悪い日ばかりに当たっており、今度こそ、と意気込んだ。この日は午前マルイカ、午後アジとリレーでがっぽり釣るつもりだった。
 さて鴨居到着。風がひたすら強く白波が見える。出船が危ぶまれたが、出るとの事。なんと片舷12人も乗っており大盛況である。オマツリとアタリの難しさが予想された。当然、船酔いもどこまで耐えられるだろうか…とやや不安な出船であった。

 果たして、海は荒れている。それでも多くの釣船が行き来しており、船酔いと戦っているのは私だけではないらしい。まぁ、それでも前半は大丈夫だった。
 しかし沖は、ものすごい風だった。冷たい風。ウネリも強い。一度、舳先に波が乗り上げ、ざざああぁぁ~と波が甲板になだれ込んだ。ミヨシに座っていたみたぼんが直撃を受け、荷物が流された。状況は最悪だった。早アガリになるかと思ったが、結果から言えば時間いっぱいまで海上にがんばる事になった。

 一投、二投と仕掛けを投入するが、アタリは無い。周囲の人間も上がっていない。反応はどうもあるらしいが、喰い付いてこない。幾度と無く立て返すが、釣れない。そして、案の定仕掛けが絡む。何せ片舷12人である。左右は狭く、絡まない方が不思議であった。
 多くの仕掛けを持ち込んだわけではない。3つある内の、2つを早々に失った時点で、気分がおかしくなってきた。絡みを取るという事は、下を見るということだ。揺れは大きく…船酔い

 キタ━━━━━━ヽ(゚Д゚)ノ━━━━━━ !!!!!

のだった。横になる事にした。
 横になれば、結構、船酔いはさめてくるものだ。しかし、そのまま仮眠を決め込む。周囲の人々も釣れておらず、仕掛けも絡んでばかりで、今最後の仕掛けを投入しても全く意味が無い。

 11時頃、ふと目が覚めた。周囲の風、波、そして釣況も変化なしだが、ちょうど立て替えし直前であった。残り時間もあまりない。周囲のオジさんたちは、絡んだ仕掛けを外している最中だった。

 チャーンス(かも)。

 投入OKの声と共に、仕掛けを投げ入れた。隣のオジさんは、急に起き上がって仕掛けを投げた私にちょっと驚いていた。そして、驚いたのはこちらである。仕掛けが海底に着かないのに、途中で止まってしまったのだ

 キタ━ヽ(∀゚ )人(゚∀゚)人( ゚∀)人(∀゚ )人(゚∀゚)人( ゚∀)ノ━!!

 慌てた。リールの糸巻きスピードが最大になっていることに気がつかなかった。
 巻き上げ開始直後に気づき、すぐ止め、またすぐにゆっくりと巻き上げ開始した。それでもイカは確実に乗っていた。

 1杯、2杯。周囲の驚きと共に、イカをGET!マルイカ1杯と、ムギイカ1杯であった。そのほかに足が1本ついていた。最初の巻き上げで身切れしたようだ。

 結局、それで終了。イカをバケツに入れるため下を向いた。再び酔った。

 船中0~5杯。まだマシだったかもしれない。午後船は、キャンセルした。そもそも、出船するのかと疑ったが、出船すると言う。午前船からのリレー予定者はほとんどがキャンセルしていた。午後から乗り込む人々は「この程度で」という表情で元気に船に乗り込んで来る。フ…沖に地獄が待ってるぞ。
 それにつけても、今回もまた日が悪かった。私のイカ運はどうしても良くないらしい。そろそろ、本気で払拭したい。

|

« シンガポール人が探した「秘伝書」あった | Main | 成分分析 »

「釣り」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 一郎丸のマルイカ:

« シンガポール人が探した「秘伝書」あった | Main | 成分分析 »