« うみかぜ公園で、今シーズン初キス | Main | 260キロ本マグロ一本釣り 久米島沖で渡慶次さん 海の男夢かなう »

May 09, 2006

湾岸MIDNIGHT 34巻

 どんどん続く湾岸ミッドナイト。主人公がほとんど出てこなくなっているのは相変わらず。それでも、今回の名車達の歴史には、クルマ好きには結構共感するものがあるのではないでしょうか。特に90年代のR32、33、FD3S、NSXなどの歴史は、30~40歳代の人には懐かしく響きそうです。まぁ、コダワリの人は逆に反論もあるかもしれないけど。

 漫画の背景は、最近は写真をもとに精密に描かれているものが多いのですが、湾岸ミッドナイトもかなり精密に背景が描かれています。湾岸線やC1など、幾多の舞台が描かれていますが、アシスタントの苦労がしのばれるというものです。
 今回、私の今の職場が描かれていました。今までも何度か登場していますが、今回描かれているビルの窓の裏側には私が居る、というところまで描かれています。
 実際、逆に職場の窓から外を見れば、そこには首都高が見えます。ここをアキオは走り抜けている訳ですね。徹夜の際には結構暴走車が見えたりしますが(笑)。そして事故も数ヶ月に一度は見たりします…。

|

« うみかぜ公園で、今シーズン初キス | Main | 260キロ本マグロ一本釣り 久米島沖で渡慶次さん 海の男夢かなう »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 湾岸MIDNIGHT 34巻:

« うみかぜ公園で、今シーズン初キス | Main | 260キロ本マグロ一本釣り 久米島沖で渡慶次さん 海の男夢かなう »