« 湾岸MIDNIGHT 34巻 | Main | <いのちの電話>自殺相談最多4万5600件 30代が3割 »

May 10, 2006

260キロ本マグロ一本釣り 久米島沖で渡慶次さん 海の男夢かなう

 すごい。

****
 8日午前、久米島西の沖合でマグロの泳がせ釣り漁をしていた渡慶次昇さん(52)が、体長230センチ、体重260キロ、胴回り176センチの大物本マグロを釣り上げた。さおとリールを使い、最後は仲間の船も助っ人に加わり、6時間の格闘の末に船に引き上げた。
****

 イイハナシやなぁ。男なら一度はこんなマグロを釣ってみたいものよのう。
 一本釣りでこのクラスのマグロを釣る、というのは珍しいんでしょうね。普通漁師は機械巻きか延縄だろうから。大間のマグロ漁師でも、竿で一本釣りしている人は居ないのではないでしょうか。
 ただ、この人職業漁師な訳ですよね。1匹釣って喜んでたら、それって商売になるんかなぁ…などとつまらない事を考えてしまった。ロマンを語る時に現実を考えちゃいけないよね…それでも考えてしまう自分が嫌い。

|

« 湾岸MIDNIGHT 34巻 | Main | <いのちの電話>自殺相談最多4万5600件 30代が3割 »

ニュース」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 260キロ本マグロ一本釣り 久米島沖で渡慶次さん 海の男夢かなう:

« 湾岸MIDNIGHT 34巻 | Main | <いのちの電話>自殺相談最多4万5600件 30代が3割 »