« お客様だけに | Main | 体内時計調整釣行 »

May 15, 2006

買い物戦争

 ある日のスーパーでの出来事。
 鮮魚コーナーにて酒の肴を物色していたときの事。目の前を杖をついたオバちゃんが魚を物色していた。オバちゃんの目の前のあたりには、私も物色したい品物が並んでおり、オバちゃんが立ち去るのを暫く待った。ところがオバちゃんはあれやこれや、手にとっては置き、手にとっては置きを繰り返し、なかなか立ち去ろうとしない。仕方が無いのでオバちゃんの向こう側に回りこみ、自分も商品を手に取ろうと手を伸ばした。
 おっと失礼、やや体重がオバちゃんにかかってしまった。正直、これは私の不注意。杖をついている方には礼を失してしまったかに思えた。ところがこのオバちゃん、以外に頑健?で、私の体重をハネ返しながら商品を物色しているではないか。
 …まぁいいや。そんなにアタリが強かったわけじゃないし、自分も好きなモノを買い物カゴに入れることが出来た。それで終わりの筈だった。
 その鮮魚コーナーの別の一角で、再びそのオバちゃんと遭遇した。今度は私が先にポジションを得ていたのだが、後ろから細い骨ばった体がグイグイ私の体を押すのが感じられた。まぁ、そのまま前に進んでも良かったのだが、試しゴコロに動かないでいると、更にオバちゃんは強い力でグイグイ押してくる。踏ん張っていないとダメなほどであった。
 別に争うつもりなど無いので場所を譲ったが、杖をついているオバちゃん、という事を一時的に忘れてしまっていた。杖はひょっとすると社会的弱者を演じる小道具に過ぎないのかもしれない…とまではいかないまでも、商品争奪戦におけるオバちゃんの戦歴を想像せざるを得ない出来事であった。

|

« お客様だけに | Main | 体内時計調整釣行 »

「生活」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 買い物戦争:

« お客様だけに | Main | 体内時計調整釣行 »