« 鳴らない、電話 なんてね | Main | 買い物戦争 »

May 14, 2006

お客様だけに

 先日、洋服の●山で買い物をした。背広など買ったのだが、それは合計およそ20万円近くの買い物であった…定価だったら、のハナシ。
 背広は、私の場合、マタの間がこすれ、穴が開く。これが結構な頻度で開く。そのため、パンツ2着付きのもの以外は買わないようにしている。その条件に見合うものを見て回ると、一着5万円~6万円の売り場に案内された。
 今まで買っていた物は、一着1万円~3万円程度のものだろうか。一着5,6万円なんて高すぎる、なんて思った。ところが店員は言う。

 「二着目は5万円までの品物を1000円でお売りします」

 そ、それはつまり、二着買うことが大前提ですよね。そうすると、実質半額って事ですか?と問うと、店員はそこには無反応。あくまでも一着5万円を強調するのである。品質といい、そのブランドといい、通常新作では行わないが、今はラッキーなことに行っている、と主張するのであった。
 ま、いいや。もともと二着買うつもりではいたから。
 で、とつとつと選んだ。私はあまり、背広には執着が無い。ヘンなものでなければそれでいい。マタが破れなければそれでいいのだ。二着選ぶのに、10分程度しかかからなかった、と思う。
 試着室で股下寸法を確認し、店員に渡した。じゃ、ヨロシク、と終わるつもりでいた。ところが店員は私を引き留める。「もう一着いかがですか?」
 「私の権限で、もう一着、に、3着目を半額でサービスいたします。如何ですか?」
 店員は「お客様だけに特別」「私の権限で半額」という事を何度か強調しながらそれを繰り返す。どうしようか、と思いながら一緒に居たカミさんを見やると、「別にいいんじゃない」とのこと。前回背広を買ってから随分時間が経っているし、SEというサラリーマンの、まぁ作業着みたいなものだ。ムダにならけりゃいいや、と思ったのあった。
 で、3着目もやはり5分程度で選ぶ。別に時間をかけたって私に背広の良し悪しなんてわからない。私の専門は漫画と釣具である。おっと違った、こんぴーただった。個人では滅多に買わないので、市販品はあまり詳しくないけど(笑)。

 レジに移動し、清算しようとすると、再び店員が話しかける。
 「その他にご入用なものはありませんか。お靴など如何ですか」
 おおう、そうだったそうだった。靴に穴が開きかけていたので、靴も買おうと思っていたのだった。この店員、ツイている、というかこいつ超能力者か(古っ)。
 青●って靴も売っていたのね、なんて思いながら靴コーナーに移動する。これまたあまりコダワリなどない私である。一足、足に合いそうなものを10分程度で選んだ。店員は言う。
 「私の権限で、これは3割ほど値引きします。もう一足如何ですか?」
 結局、靴も2足買ったのだった。

 まぁ、私にとっては必要な作業着を買ったに過ぎないのだが、それはそれはイイ客だったに違いない。アレコレ選ばず、短時間の間に店員に言われるままに買っていた(様に見えた)のだから。
 それにしても、「定価」とは本当に意味が無い。今回の場合、そもそも商品に対し、実売価格の倍の金額が掲げられていた事は疑いようが無い。そうなると、二着目は1000円で買っていたのではなく、1000円を払った分だけ逆に高い買い物をした事になる。靴などもここまで簡単に値下げ作戦を行っていると、原価は幾らで、もともとどれほどの価値がある商品なんだろうか。これだけ値下げられてもかなり利益が乗せられているんだろうネ。客に高いものを安く見せかけるこの商法、スーパーのお肉コーナーなんかでもたまに見かけるよね…(高い肉は最初から半額シールが…)。

|

« 鳴らない、電話 なんてね | Main | 買い物戦争 »

「お店」カテゴリの記事

Comments

本来デパート等は「ボッタクリ価格で無いちゃんとした定価」で買える、ってのが売りだったと思ったんだけどねぇ。
(って何十年前の話だ(;´Д`))

いっそのことみんな「オープン価格」にしてしまえば…(;´Д`)
ってそれだと競争力の弱い商店街の小売店とかは困るのかな…。

Posted by: LIB. | May 14, 2006 at 11:12 AM

まあ、なんつーか、典型的な青○の売り方ですな。

同級生でここに就職した奴が居たので、色々話は聞いているけど、あそこは「ジャケットを買いに来た奴はスーツを売って帰らせろ、スーツを買いに来た奴は一式(+ワイシャツ・ネクタイ・靴・ベルトなど)売って帰らせろ」がモットーだそうです。全員ノルマ課されてるしね。

まあ、いる物しか結果的に買ってないならいいんでない?

Posted by: KOH | May 14, 2006 at 12:33 PM

 まぁ、いるものしか買ってないので、そんなにノせられたつもりは無いんだけど…(実際にはアレやコレやと他商品も勧められた)。50000円を1000円で、というロコツな商法にやや苦笑したというハナシでした。

Posted by: 竜馬 | May 15, 2006 at 08:23 AM

もう、ここ10数年、背広なんて着て行かない。あらたまっていても、せいぜいジャケットをはおる程度。だから、最近はジャスコの股下サイズいろいろあるから切らなくていいよんを愛用してます。

Posted by: 井村 瑶茉 | May 15, 2006 at 09:36 PM

 ズボンのスソを切ったらその分安くしてくれないかしら、と思う今日この頃。

Posted by: 竜馬 | May 17, 2006 at 08:42 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79574/10055528

Listed below are links to weblogs that reference お客様だけに:

« 鳴らない、電話 なんてね | Main | 買い物戦争 »